ビデオマーケティングはテレビ通販から学べ。売れる動画(YouTube)の構成と脚本術とは?

マーケティング本 > マーケティングを学べるコラム > ビデオマーケティングはテレビ通販から学べ。売れる動画(YouTube)の構成と脚本術とは?

マーケティングを学べるコラム

ビデオマーケティングはテレビ通販から学べ。売れる動画(YouTube)の構成と脚本術とは?

 今日は「ビデオマーケティングはテレビ通販から学べ。売れる動画(YouTube)の構成と脚本術とは?」です。

 私は脚本作りの第一人者、シド・フィールドによる脚本術の本を買った。そして、ほぼすべての映画と芝居は、3つの構成に分けることができることを知った。

 各構成の中には、キャラクターや話の予期せぬ展開が含まれている。そして私は、自分のインフォマーシャル番組も3部構成にすべきだということに気づいたのだ。(中略)

 第1部では、視聴者を楽しませ、第2部では商品を販売し、第3部のクロージングでは、最後の一押しとして、信頼性を強化する話や強い呼びかけをし、非常に真剣で強力なプレゼンテーションをした。どれも、対面販売では必須の要素である。

 シド・フィールド(Syd Field)は、アメリカの著名な脚本家、プロデューサー、シナリオ講師。『ゴッドファーザー』や『アリスの恋』、『アメリカン・グラフィティ』など、20世紀フォックス、ウォルト・ディズニー・スタジオ、ユニヴァーサル・ピクチャーズ、トライスター・ピクチャーズほかの脚本コンサルタントを歴任した経歴の持ち主です。

 シュガーマンは彼の脚本術の本をもとに通販番組を組み立てています。この3部構成の各部にはそれぞれに目的があり、

第1部は視聴者に楽しさを体験させ、番組に釘付けにする。

第2部で商品の紹介から販売、

第3部で迷う人に購入を決断をしてもらうためのクロージング。

 を行います。シュガーマンいわく実は

商品を映像で売るのも、

対面販売で売るのも、

文章で売るのも、

 “人に何かを売る”という行為では必要な構成要素は同じだといいます。従って、ビデオ(YouTubeを含む)を使って商品を売るときには、

 第1部では、視聴者を楽しませ、第2部では商品を販売し、第3部のクロージングでは、最後の一押しとして、信頼性を強化する話や強い呼びかけをし、非常に真剣で強力なプレゼンテーションが行う

 というセールスの原則に合致しているかをチェックしてみるといいかもしれませんね。

→マーケティングを学べるコラム一覧へ

ビデオマーケティングはテレビ通販から学べ

商品詳細

2014-10-17 | Posted in 未分類No Comments » 

関連記事