プロが教えるHow to コンテンツでお金を生み出す方法。ノウハウの簡単な作り方。

マーケティング本 > マーケティングを学べるコラム > プロが教えるHow to コンテンツでお金を生み出す方法。ノウハウの簡単な作り方。

マーケティングを学べるコラム

プロが教えるHow to コンテンツでお金を生み出す方法。ノウハウの簡単な作り方。

 今日は「プロが教えるHow to コンテンツでお金を生み出す方法。ノウハウの簡単な作り方。」です。

 完璧な構成をつくる方法。

 何を残して何を省くか、どのように選択していけばよいのだろう。そして、残した項目はどう組み立てていくべきなのだろうか。マインドマネジャーのようなソフトウェアを用いれば、アイデアをマップ化して内容を整理することができる。マインドマップとは、中心となるテー マを決め、そこから関連するアイデアへと枝分かれさせていくものだ。

(中略)

 中心の円が、あなたの書籍のメインテーマである。その円から放射状に分かれる円が各章となり、その円からさらに伸びる円が各章内のさまざまな項目の見出しとなる。視覚的にものを考えるライターであれば、構成が目に見えて明らかになるため、マインドマップは非常に役立つ。

 コンテンツの構成で悩んでいるならマインドマップを使ってみると効果的です。 思った以上にたくさんアイディアが出てきてきっと驚くことでしょう。

 『フリーマインド』 冒頭でロバート・ブライが紹介していたマインドマネジャーは有料のソフトなので、ここでは無料のマインドマップ作成ソフトをご紹介しておきます。ダウンロードページは英語ですが、ソフトは日本語化されています。ページの真ん中にOSごとのダウンロードリンクがあるので、ご自身の環境に合わせて取得してください。

 →無料のマインドマップ作成ソフトのダウンロードはこちらから

 冒頭でブライの言うようにコンテンツの構成などを考えるときにマインドマップは非常に役に立ちます。マインドマネージャーやフリーマインドのようなソフトウェアを使えば実にたくさんのアイディアが出てきます。ソフトウェアが苦手な人は目の前に紙を置いてボールペン片手に考えればいいでしょう。そうすればメインテーマから派生したサブテーマが簡単に出ますし、サブテーマから派生するサブサブの細かいテーマも比較的簡単に出てきます。

 そこまで出てくれば、あとはそのテーマについて順番に書いていくだけです。ただ、ここで注意すべきが

 完璧な構成をつくる方法。

 ハウツー本や自己啓発本を執筆するライターであれば、ベテランでさえもつい犯しがちな基本的過ちがある。そのトップに挙げられるのが「やり方」を示さず、ただ「やるべきこと」だけを並べ立ててしまうというものだ。

 とあるように、意識していないと「how to」ではなく「what to」を書いてしまうことにあります。こういうことをやると良い。とか、こういうものを作りなさい。といった表現だと具体的なやり方や手順が示せておらず、ノウハウとしては完成度の低い状態となってしまいます。  というわけで、ノウハウを作るときは、まずはマインドマップでテーマを出して、次にそれぞれのテーマについて「how to」を書き出して、最後にコンテンツとして仕上げると完成度が高まっていいかもしれませんね。

→マーケティングを学べるコラム一覧へ

プロが教えるHow to コンテンツでお金を生み出す方法

商品詳細

2014-10-13 | Posted in 未分類No Comments » 

関連記事