時間を最大限活用し、常に生産的でありたいという著者の考えが分かりやすく紹介された時間管理術の本。

マーケティング本 > ビジネス書 人気ランキング > 屁理屈なし社長のための時間の使い方 > 時間を最大限活用し、常に生産的でありたいという著者の考えが分かりやすく紹介された時間管理術の本。

カスタマーレビュー

時間を最大限活用し、常に生産的でありたいという著者の考えが分かりやすく紹介された時間管理術の本。

3人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ 時間を最大限活用し、常に生産的でありたいという著者の考えが分かりやすく紹介された時間管理術の本。
2011/10/27 By Alain B. Burrese
レビュー対象商品: 屁理屈なし社長のための時間の使い方

 ダン・ケネディの事を昔から知っていたが、彼の本は読んだ事がなかった。「屁理屈なし社長のための時間の使い方」はそんな私が初めて読んだ彼の著書。もちろんこの本が最後に読む彼の作品になることもなかった。

 企業家の生産性を上げることだけを目的とする、彼の率直で、しっかりとした物言い、そして様々な時間管理術に、私は多いに楽しませてもらった。もちろん、ダン・ケネディはマーケティングの指導者としてよく知られているが、彼自身も徹底的に生産性にこだわっている。また、そうすることで多くの富を築いている。この本は、時間を最大限活用し、常に生産的でありたい、という彼の考えが分かりやすく紹介されている一冊だと思う。

 携帯電話やEメールの使用を頑なに拒否するなど、本書で紹介されるダン・ケネディの時間管理術に、きっと読者は驚かされるかもしれない。でも、一日のあいだにいったいどれほどの時間をEメールや携帯電話に奪われているのかを分析すると、ダン・ケネディがなぜそこまでしてそれらを拒むのか、その意味が分かってくる。また、逆にこの2つのツールを使わないことで、ダン・ケネディがどれだけのものを得ているのか、あなたは気付いてしまうかもしれない。

 本書で紹介されるダン・ケネディの個人的な事例や、彼の時間に対する態度、どのように自分自身の時間を守るのか、どのようにして誰かに時間を奪われないようにするか、といったことはおそらくあなたに何らかのヒントを与えてくれるんじゃないかと思う。誰かと一緒にダラダラと何時間も過ごすのではなく、「この時間をより生産的で有意義な時間の使い方へ変えられるのではないか?」と思うだろう。

 本書でダン・ケネディが教えてくれるいくつかの時間管理術や時間に対する考え方は、読者が受け入れられないことも含まれるかもしれない。それはそれとして上手くやり過ごせばいい。自分自身で実践できるアイデアだけを抽出すればいいし、自分だったらどうするか、うまく調整してアイデアを応用するといい。

 当然だが、本書のなかには他の時間管理術の本でも見られるようなアイデアも含まれる。ダン・ケネディも本書の中で「時間管理に関しては、もはや秘密の魔法や薬というものは存在しない」と認めているし、「斬新で読めば全てを変えてしまうような本も存在しない」とも言っている。

 その前置きのあとに、価値ある10個の時間管理テクニックを紹介してくれる。繰り返すが、中には聞いたことがあるアイデアも含まれるかもしれない。それでも、本書では“聞いたことがあっても、実践できていないアイデア”を実行する、そういうモチベーションも与えてくれる。

 また、ダン・ケネディ自身、かなりの頻度で出張や旅行に出かけていた時期があったので、出張や旅行における生産的な時間の使い方も学ぶことができる。加えて、今日私たちから多くの時間を奪い取る“情報の取り扱い方”についても、彼の考えを聞かせてくれる。第一章では、彼自身も使うサイコサイバネティクス理論(人間の脳の働きとして、ある明確な目標設定をすると、無意識に目標達成に向かうようになること)についても述べられているので、これも参考になると思う。

 時間はお金である。もし、あなたが時間を最大限活用するためのアドバイスを求めているのなら、本書は素晴らしい助言と、より効率的になるための戦略を教えてくれる。重要なことは、本書で紹介されている戦略を活用するには当然だが“自己を律すること”が求められるということ。本書はその正しい道筋も照らしてくれる。ダン・ケネディの“屁理屈なし”の言葉が、良い意味でモチベーションにもなると思うし、ムチを打ってくれる存在になると思う。

→屁理屈なし社長のための時間の使い方のカスタマーレビュー一覧へ

屁理屈なし社長のための時間の使い方

商品詳細

2014-10-09 | Posted in 未分類No Comments » 

関連記事