お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステムのカスタマーレビュー13

マーケティング本 > ビジネス書 人気ランキング > お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム > お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステムのカスタマーレビュー13

カスタマーレビュー13

    135レビュー       おすすめ度
星5つ:★★★★★(119)    ★★★★☆135件のカスタマーレビュー
星4つ:★★★★☆(16) 書籍名:お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム
星3つ:★★★☆☆(0)
星2つ:★★☆☆☆(0)
星1つ:★☆☆☆☆(0)

※原書のレビューを紹介しています。

戻る | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 | 次へ


★★★★★ 80対20の法則がもたらす効果と利用方法、法則を上手く活用して利益を生み出す方法を紹介してくれる。
2013/09/13 By Amanda Howard
レビュー対象商品: お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム

 80対20の法則は驚くほど素晴らしいもの。この本を読み終えた今、私はあらゆる場所でこの法則を目にしている。この本では80対20の法則がもたらす効果と、その利用方法、そして法則を上手く活用して利益を生み出す方法を分かりやすく紹介してくれる。

レビューをすべて見る ›


★★★★☆ 経営者がビジネスで一番成果を生み出すものに経営資源を集中できるようにするノウハウがまとまっている。
2013/09/06 By eh
レビュー対象商品: お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム

 著者のペリー・マーシャルは経営者がビジネスで一番成果を生み出すものに経営資源を集中できるようにする、という素晴らしいノウハウを体系立ててまとめてくれた。私自身、会社を経営しているが、セールスとマーケティングの中でどの部分に一番力を注げば良いのかをより深く理解することができた。ペリー、本当にありがとう。

レビューをすべて見る ›


★★★★★ 公認会計士事務所を経営しているが、ガイドブックとしてこの本を使うつもり。ライバルに読ませたくない。
2013/08/31 By Dennis Bridges
レビュー対象商品: お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム

 ライバルがこの本を読まなければいいのに、と思う。私は公認会計士事務所を経営しているが、ガイドブックとしてこの本を使うつもり。

レビューをすべて見る ›


★★★★★ 紹介されるアイデアやテクニックをビジネスに応用してみて欲しい。そうすれば自ずと成果があがるはず。
2013/08/26 By Kevin Fitzgibbon
レビュー対象商品: お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム

 この本を手に入れ、読んで欲しい。そして本書で紹介されるアイデアやテクニックを自分自身のビジネスに応用してみて欲しい。そうすれば自ずと成果があがるはず。著者のペリー・マーシャルはこの本の中で80対20の法則を活用する全てを提供してくれている。

レビューをすべて見る ›


★★★★★ この本を読むことができて本当に満足。おかげでビジネスにおいて適切な判断ができるようになった。
2013/08/26 By Tom Cuylaerts
レビュー対象商品: お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム

 グーグルアドワーズに関する著者の本を読み、非常に感銘を受けたので、最新刊であるこの本を読まずにはいられなかった。この本を読むことができて本当に満足している。おかげでビジネスにおいて適切な判断ができるようになった。

レビューをすべて見る ›


2人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ 高額商品やサービスを購入する顧客を増やしたい。平均注文数を増やしたい。LTVを大きくしたいならば。
2013/09/02 By Joey Bridges
レビュー対象商品: お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム

 ペリー・マーシャルの「お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム」には今すぐビジネスを拡大できる方法が詳細に書かれている。経営資源の規模や業種を問わず、利益額と売上高の双方を上げる方法が分かると思う。

 私は著者の本を全て持っているが、ペリー・マーシャルのスタイルとして、非常に読みやすく、ケーススタディー(事例)を数多く用いる。また、すぐに仕事に使えるヒントがツールが手に入るが、今回の本も同様の出来になっている。

 私は兄弟で別々のコンサルティング会社を経営しているが、私も兄も既に顧客用に本書を追加購入している。というのも、自社の顧客企業にはぜひとも読んでおいて欲しい内容がつまっていると思ったから。それぞれの顧客が自社のビジネスに合ったかたちで80対20の法則を応用できると確信している。

 高額な商品やサービスを購入してくれる顧客を増やしたい。平均注文数を増やしたい。顧客一人辺りの生涯価値(LTV)を大きくしたい。どの場合でもこの本を読めばビジネスを具体的に成長させていく方法を掴むことができるだろう。

レビューをすべて見る ›


2人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★☆ 80対20のパレートの法則をインターネットビジネスに応用する方法を具体的かつ詳細に説明してくれる本。
2013/08/25 By J. Babcock
レビュー対象商品: お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム

 著者のペリー・マーシャルは80対20のパレートの法則をインターネットビジネスに応用する方法を具体的かつ詳細に説明してくれる。ネットビジネスでもオフラインのビジネスでも一読の価値がある。

 この本の中では強力かつすぐに応用可能なコンセプトや、成功への最短距離がとれる公式などが数多く紹介されている。一度読んで終わりではなく、何度も繰り返し読むべき良書。

 パレートの法則的に厳しめの評価をすると、この本の80パーセントは非常に役立つ内容で、残りの20パーセントは少し話が脱線している部分もある。ただ、それでも8割部分だけでも時間をかけて熟読する価値があると思う。個人的には著者のこの分かりやすいスタイルが気に入ったので、グーグルアドワーズの本とフェイスブック広告の本についても読んでみたいと思っている。

 特に最初の3分の2の部分はおすすめ。役立つ事例と図表がふんだんに使われているのでかなり理解が深まると思う。本代の価値は十分に回収することができる本。

レビューをすべて見る ›


2人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★☆ 自分が置かれた状況を正しく把握し、自分の力を正しく成果に結びつけるにはどうすれば良いのかもわかる。
2013/08/25 By Kenneth Winther
レビュー対象商品: お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム

 ビジネスに80対20の法則を応用するというテーマは、素晴らしい成果が約束されているコンセプトだと思う。その法則を理解し、実践することで自社のビジネスや人生レベルで大きなメリットを享受することができる。

 私たちは皆、知らぬ間に80対20の法則に従って日々生きている。この本を読むことで、自分自身が今ビジネスで置かれている状況を正しく把握することができるし、自分の力を正しく成果に結びつけるにはどうすれば良いのかもわかる。

 最初から最後まで参考にしたい企業な情報が詰まっている本というものは多くない。しかし、この本は文字通り巻頭から巻末までぎっしりと詰まっている。著者の無料会員向けサイトに登録すれば、参考資料や特典としてのツールも受け取ることができる。また、段階的に著者からのフォローアップも受けられるので試してみてもいいかもしれない。

レビューをすべて見る ›


1人中、0人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★☆ ビジネスやマーケティングで自分自身のレベルを一段上へと押し上げたいならおすすめの80対20の法則。
2014/02/09 By Paul Bauscher
レビュー対象商品: お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム

 80対20の法則をビジネスに応用する方法に関して、しっぱりとポイントを絞って的を射て説明してくれるのでわかりやすい。ビジネス書籍の中には必要以上にダラダラと長く説明したり、退屈な内容で穴埋めし、ボリュームをかさ増ししようとするものも存在するが、この本は全く違う。ビジネスやマーケティングで自分自身を一段上のレベルへと押し上げたいならおすすめの本。

レビューをすべて見る ›


0人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★☆ 非常に楽しみながら読むことができたが、編集がもう少し良ければもっと素晴らしい本になると思う。
2014/01/15 By D. Charbonneau
レビュー対象商品: お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム

 非常に楽しみながら読むことができた(そしておすすめ)。ただ、編集がもう少し良ければもっと素晴らしい本になると思う。一部、著者が伝えたいメッセージを汲み取るのに時間がかかった部分もあった。ただ総じて良書なので、星4つ。

レビューをすべて見る ›

戻る | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 | 次へ

お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム

商品詳細
2014-10-08 | Posted in 未分類No Comments » 

関連記事