お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステムのカスタマーレビュー6

マーケティング本 > ビジネス書 人気ランキング > お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム > お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステムのカスタマーレビュー6

カスタマーレビュー6

    135レビュー       おすすめ度
星5つ:★★★★★(119)    ★★★★☆135件のカスタマーレビュー
星4つ:★★★★☆(16) 書籍名:お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム
星3つ:★★★☆☆(0)
星2つ:★★☆☆☆(0)
星1つ:★☆☆☆☆(0)

※原書のレビューを紹介しています。

戻る | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 | 次へ


1人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ 私は写真を扱ったインターネットビジネスが主な収入源。いわゆるニッチ市場でビジネスをする人間。
2013/11/06 By ninya
レビュー対象商品: お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム

 私は写真を扱ったインターネットビジネスを主な収入源としている。いわゆるニッチ市場でビジネスをしている人間の一人。そんな私はニッチ市場関連のビジネス書を長年読んできたけど、この本は今までで最高の一冊。

 本書で紹介されているコンセプトをもとに現状で実行できそうな打開策を数多く生み出すことができた。本書を繰り返し読み、この本から得られそうな打開策やアイデアを全て引き出そうと思っている。本当に良書。たとえ10倍の値段であっても、この本全体の価値を考えれば買うに値する一冊。読者の人生を大きく変える可能性を秘めたコンセプトの本。

レビューをすべて見る ›


1人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ 読了後、経営者として自社の従業員を想像して彼らに80対20の法則を当てはめずにはいられなかった。
2013/11/02 By Donny W
レビュー対象商品: お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム

 この本で紹介される80対20の法則は、ビジネスだけでなくプライベートや人生全体で起こり得るイベント全てに対して当てはまると思う。読了後、経営者として自社の従業員を想像して彼らに80対20の法則を当てはめずにはいられなかった。もちろん、我が子に対してもね。本当に読者のモノの見方を変えてくれる一冊。他の人々にも進めようとおもって、追加で数冊購入した。

 著者のペリー・マーシャルは本書の中でも80対20の法則を本自体で体現しているところも気に入っている。この先、ずっと何度も立ち戻ってアイデアを得るべい良書。

レビューをすべて見る ›


1人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ セールスや営業における成功体験がほとんど無く数年間試行錯誤を繰り返していた私を救ってくれた本。
2013/10/30 By Dan Munro
レビュー対象商品: お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム

 この本はセールスや営業における成功体験がほとんど無く、数年のあいだ試行錯誤を繰り返していた私を救ってくれた一冊。著者のペリー・マーシャルが販売が比較的難しいと言われる高額商品の販売方法をするパートがあるが、彼が実際に売ってきた手法を魅力的に教えてくれるところから、著者がこの手の類の話に精通していることがよくうかがえる。

 大げさな言い方になるかもしれないが、80対20の法則は営業マンとしての私の人生を大きく変えてくれた。この本に書かれた内容を応用することによって、私のビジネスに対する姿勢は大きく変化した。おすすめ。

レビューをすべて見る ›


1人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ 価格設定を最適化し、競合他社のポジショニングを正確に把握し、競合を倒す方法を知ることができた。
2013/10/29 By Tom Schmidt
レビュー対象商品: お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム

 ビジネスにおいて、そしてプライベートや人生レベルで成功する場合においても必読の一冊。ビジネスや人生を成功させるうえで、根底にある原理原則や普遍的な法則をよく理解することができる。

 私の場合、自社のビジネスにおける価格設定を最適化し、競合他社のポジショニングをより正確に把握し、迅速にライバルを倒す方法を知ることができた。一度読み終えたら、そのまま書斎の本棚にしまってしまうのではなく、ベッドの脇において定期的に読むべき。その度、素晴らしいインスピレーションを得ることができるはず。

レビューをすべて見る ›


1人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ リチャード・コッチ著「人生を変える80対20の法則」の理論を実践するためのより実用的なビジネス書。
2013/10/28 By Mr. Bibliophile
レビュー対象商品: お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム

 この本はタイトルを見た瞬間から私の心を掴んだ。私がリチャード・コッチ著「人生を変える80対20の法則」を読んだのは、コッチ氏の本が最初に刊行された90年代後半のこと。コッチ氏の著書に興味を抱いたものの、本で紹介される理論を理解し、実践に移して効果をあげる方法はわからなかった。

 ペリー・マーシャルの「お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム」を読んで、何が問題だったのかを理解することができた。まさに「木の前に森を見よ」が必要だった。つまり詳細を把握する前に、大局を明確に把握しなければならないということ。セールスやマーケティングの世界では、これは特に重要な概念。この気付きがまずペリー・マーシャルの本で役に立った点。

 この本を読めば、あなたも「ああーなるほどそういうことか」という瞬間が多く訪れると思う。どんなジャンルの企業であっても今よりずっと成長させる方法が明確にわかるはず。本書の86ページには、まるで私のために用意されたかのような全てを明確にしてくれる図表がある。これこそ私に森の見方を教えてくれたページ。セールスやマーケティングの情報量に圧倒されるようなことがあれば、いつでもこのページを参照したいと思っている。

 一つひとつの章立て自体は短く、そして要点を押さえて簡潔に紹介されている。本書の一部では著者のペリー・マーシャル氏の他の商品が紹介されている箇所があるが、興味がない方はこの部分は読み飛ばして構わないと思う。本書だけで十分満足できる内容になっているから。あるいは著者からさならう知識やアイデアを得たいと思うなら、そういったサービスを利用してもいいかもしれない。

 言うまでもなく、私はこの本に出会えたことに心から満足している。ちょうど今、読み直しながら蛍光ペンでマーカーを引いているところ。繰り返し参照したくなる部分は数多くあるし、アンダーラインを引いたり、余白にメモを取りたくなるページも数多くある。リチャード・コッチの本を実践できずに断念してしまった人も、その謎をペリー・マーシャルが今回の本で読み解いてくれる。自社のライバル以外には誰に対してもおすすめしたい一冊。

レビューをすべて見る ›


1人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ この本が必要ないのはビジネスを拡大する気のない消極的な起業家かこれ以上成功する余地のない経営者。
2013/10/26 By Lucas Rockwood
レビュー対象商品: お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム

 誰もが80対20の法則を知っていると思っているが、実際ほとんどの人はその法則を自社のビジネスに応用することはできていない。特にセールスやマーケティングに80対20の法則を組み込んでいくのは簡単ではない。

 「誰かを出し抜こう」、「我先に」、そんな強引なセールスマンで溢れかえった現代のオンラインマーケティング業界。そんな中にあって著者のペリー・マーシャルは、極めて誠実かつ誇大広告を一切しない、実践的な発言のみをする人物としてその他大勢から一歩抜きん出ている存在。

 彼の本、作品を重要視しないのはビジネスを拡大する気のない消極的な起業家か、これ以上成功する余地のない成功している経営者のみ。ほとんどの起業家や経営者はこのどちらにも当てはまらないはずだが。

 ペリー・マーシャルは自身のビジネスにおいてダイレクトマーケティングの専門家として有名だった。しかし彼は、そのマーケティングの仕事をあっけなく捨てて今は自分自身の知識を広くビジネスパーソンたちに普及するための作家に専念している。起業家が原点にある彼だからこそ、本は信じられないほど読みやすい。また、あなたがマーケティングかセールスに携わる人であれば、その内容が非常に役立つはず。ぜひ手にとって欲しい。この本から学ばない手はない。

レビューをすべて見る ›


1人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ 私は4年以上ものあいだ著者のペリー・マーシャルの教えに沿って自社のビジネスを拡大させてきた。
2013/10/25 By Brett Basinski
レビュー対象商品: お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム

 私は4年以上ものあいだ著者のペリー・マーシャルの教えに沿って自社のビジネスを拡大させてきた。彼の本を購入したのは「お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム」が3冊目。

 本の中で彼が語るストーリー、事例、ケーススタディーといったものはビジネスを経営する人間にとって貴重なものばかり。積極的にメモをとりながら本書を読み進め、得られたアイデアから具体的なアクションに移してみて欲しい。問題なく星5つ評価。この本を周りの友人(少なくとも10人以上)にもすすめている。

レビューをすべて見る ›


1人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ 一年以内に仕事量をかなり減らしながら、自社のビジネス規模を5倍から10倍に拡大する確信を持てた。
2013/10/24 By Jeffrey L. Turner
レビュー対象商品: お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム

 私は10年前に初めて80対20の法則を耳にした。この法則を知るきっかけはリチャード・コッチ著の「人生を変える80対20の法則」だった。その後、コッチ氏の他の本も読んでみた。

 そんな私が本書の著者であるペリー・マーシャルの理論を活用するようになったのはちょうど5年前。彼が80対20の法則を教え始めた時、10年前よりもこの法則をビジネスに応用する術や分析が進化していたのでワクワクしたのを覚えている。

 最初この本を読んだときは、この法則を自分自身でかみくだいて理解する準備が整っていなかった。もしかしたら、本書の内容を理解するのに多少時間を要する人もいるかもしれない。でも、一度この法則を掴みさえすれば、自社のビジネスで大きな成果を得ることができる。実際、私は自分のビジネスや事業を立ち上げる際にこの法則を利用している。

 来年中には仕事量をかなり減らしながらも、自社のビジネス規模を5倍から10倍の規模に拡大する確信も持てている。ペリー・マーシャルは80対20の法則に従って、読者が理解すべき必要最低限な情報にまで難しい理論や法則をまとめてくれている。今すぐに本書を手に取り、彼からのメッセージを受け取って欲しい。もし、まだ心の準備が出来ていないのであれば、ビジネスで利益を上げるための下準備を済ませたうえで、2~3年以内には購入して欲しい。

 私にとって5本の指に入るビジネス書。起業したばかりの経営者でも、長年ビジネスに取り組んでいる経営者であっても、両者におすすめしたい一冊。非常に役に立つはず。

レビューをすべて見る ›


1人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ 視野を大きく広げてくれる。素晴らしい物の見方やセールスやマーケティングのテクニックが一冊の本に。
2013/10/24 By Disse
レビュー対象商品: お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム

 この本を読み終えてから、すぐにもう一度読みなおした。2度目も終わると、3度目はかなり時間をかけてじっくりと読んだ。それくらいこの本は素晴らしいということ、信じられないほどに。

 私が著者のペリー・マーシャルを初めて見たのは、この本に書かれた法則について彼にインタビューをした時のこと。大げさな言い方になるが、このインタビューで、稲妻に打たれたような感覚になったのを覚えている。その後も、この本を読み返す度、何度も稲妻に打たれたような感覚になる(もちろん現実世界で稲妻に打たれたわけではない。胸躍る感覚だ)。

 視野を大きく広げてくれる、そんな素晴らしいモノの見方やセールスやマーケティングのテクニックが一冊の本という形で体系立てて生き生きと説明されている。一生涯と言わないまでも、この先何年にも渡ってビジネスにおける参考書となる素晴らしい本。本当におすすめ。

レビューをすべて見る ›


1人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ 競合他社から一歩抜きん出て業界のリーダーになりたいと思う経営者であれば必読の80対20の法則。
2013/10/16 By Vickie Helm
レビュー対象商品: お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム

 著者のペリー・マーシャルは、一見複雑で応用が難しそうに思える80対20の法則を噛み砕き、法則をビジネスに応用する方法を具体的かつ分かりやすく教えてくれる。ビジネス面でも、私生活でもどちらに対してもこの普遍的で強力な法則を応用することができるようになる。

 本書は手にとった読者に対して、非常に興味深い読み物となっている。一度読み始めれば、途中で本を置こうとは思わないだろう。簡単に言えば、競合他社から一歩抜きん出て業界のリーダーになりたいと思う経営者であれば必読の一冊だということ。

レビューをすべて見る ›

戻る | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 | 次へ

お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム

商品詳細
2014-10-08 | Posted in 未分類No Comments » 

関連記事