お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステムのカスタマーレビュー4

マーケティング本 > ビジネス書 人気ランキング > お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム > お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステムのカスタマーレビュー4

カスタマーレビュー4

    135レビュー       おすすめ度
星5つ:★★★★★(119)    ★★★★☆135件のカスタマーレビュー
星4つ:★★★★☆(16) 書籍名:お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム
星3つ:★★★☆☆(0)
星2つ:★★☆☆☆(0)
星1つ:★☆☆☆☆(0)

※原書のレビューを紹介しています。

戻る | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 | 次へ


2人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ とりわけ目新しかったのは指数関数的な80対20の法則だった。このパートだけでも一読の価値があると思う。
2013/07/24 By Ted E
レビュー対象商品: お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム

 教会という環境の中で仕事をしていた頃、私は80対20の法則に精通していた。大学を出たての私が最初に就いた仕事は聖歌隊の指導者だった。そこでもやはり、明らかにメンバーの2割が8割の仕事をこなしていた。これは一例に過ぎず、他の分野でもこのような現象をよく目にした。数十年後には経営者としてこの80対20の法則に直面する。というのも、うちの従業員の生産水準もまたこのような状態になっているから。30年以上あらゆる労働現場をみてきたが、やはり80対20の法則はどの現場にも当てはまるものだった。

 こういった経緯もあって、この本は何から何まで私の心に響く内容だった。実際に自分自身が体験したというのは大きい。とりわけ私にとって目新しかったのは、80対20の法則の中でも、指数関数的な80対20の法則だった。これについては本書を参照して欲しいが、個人的に非常に興味深い内容だった。これだけでも一読の価値があると思う。

 私はまた、経営者として生産性の悪い従業員(あるいは顧客)を解雇していくという、ある種「冷たい方程式」をビジネス的にみて非常に正しいものであると評価している。私は現在、アメリカ中西部で音楽チェーン店を5店舗運営している。

 ただ、この地域では経営者やマネージャーは優しくなくてはならないという風潮がある。一方で例えば盗みをすればクビになるのは当然であり、さらにクビにするのは早ければ早いほどよいと気付いたのは最近のこと。生産性の低い人材をクビにせずそのまま雇用すれば、その人が中高年になって他の会社では雇ってもらえなくなるというのは残酷な話。そういった話は数多く耳にする。そういう意味でも私の雇用方針に80対20の考え方をうまく使っていれば、そのような人々ももっと少なくなったかなと思う。

レビューをすべて見る ›


2人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ 疑問を自分に投げかけ、結論を探していくと不気味なほどあらゆる事象に80対20の法則が当てはまる。
2013/07/23 By Bill Lahman
レビュー対象商品: お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム

 「お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム」は、80対20の法則をビジネスで応用する目的でも、プライベートで応用する場合でもどちらであっても問題ない。おそらく読んだ後にその内容を実践せずにはいられなくなるはず。

 私は現在、フットボールのコーチをしているが、この本を読んでいるうちに、つい「やる気の80パーセントでは得点に結びつくことなく、残りの20パーセントが得点につながっているのだろうか?」などといったことを自問自答しまっていた。こういう疑問を自分に投げかけ、結論を探していくと不気味なほどあらゆる事象に80対20の法則が当てはまることがわかる。

 この本を読んでも、読まなくても、いずれにしろ80対20の方程式はあなたの周りに数多く存在する。この本を読めばその意味がわかる。本当におすすめの一冊。

レビューをすべて見る ›


5人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ 80対20の法則を数学的に理解するだけでなく、ビジネスのあらゆる側面で応用する内容となっている。
2013/08/20 By Troy Broussard
レビュー対象商品: お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム

 私自身、ビジネスコーチとマーケターの両方の顔を持っているのでビジネス書籍は数多く読んでいる。そんな中でもこの本はお気に入りの10本に入る良書。

 著者のペリー・マーシャルは数学的なアプローチで80対20の法則を取り扱っているが、本書はそのテーマ以上の内容に仕上がっているんじゃないかと思う。80対20の法則を数学的に理解するだけでなく、この法則をビジネスのあらゆる側面で応用する内容となっている。本のいたるところで分かりやすく詳細な事例が紹介されているだけでなく、80対20の法則のコンセプトを裏付けるストーリーも多く紹介されている点が素晴らしい。

 それだけではない。何層にも渡る構造となっている80対20の法則の応用方法を紹介しているパートはこれ一つで本代の価値がある内容になっている。

 もちろんペリー・マーシャルが紹介する法則はビジネスだけに応用できるものではない。この本で紹介される手法というのはビジネス以外の様々なシーンでも応用可能なものばかりだから、それらを実生活で取り入れることによってプライベートや人生自体も大きく影響を受けると思う。

 今まで考えたこともないような事象に対して80対20の法則を当てはめる。そうやってマーケティング関連の話をしてくれるから、読者は本書を読み進める中で多くを考えさせられると思う。私はこの本を読み進めながら完全に引き込まれてしまった。じっくりと腰を落ち着けてぜ熟読して欲しい一冊。

レビューをすべて見る ›


5人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ セールスやマーケティングに限らず、時間管理の極意や天賦の才能を見極める方法、後悔しない方法など。
2013/08/12 By John M. Fox
レビュー対象商品: お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム

 一見すると、タイトルが示すとおり、ただのセールスとマーケティングのビジネス書籍のように思える。でも、その中身はとても濃い内容になっている。無駄を省いたビジネスを経営したい、立ち上げたいと考えている人にとっては特に、目新しく有益な情報が手に入る一冊になっている。個人的には本書の別名を「収益維持のための80対20のハッカーズガイド」とタイトルをつけたいほどの良書。

 この本はセールスやマーケティングに限らず、時間管理の極意や生まれつき持った才能を見極める方法、後悔しない生き方を送るための方法など、どれも読者の思考にぐいぐい揺さぶるものばかり。

レビューをすべて見る ›


1人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ 80対20のコンセプトを自分自身の仕事に取り入れ新たなレベルに進みたいと思っている。おすすめの一冊。
2013/03/23 By Serena
レビュー対象商品: お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム

 全く別のことについて調べ物ををしている時に、たまたまこの本のレビューを見かけ、気付けば手にとっていた。本書を読む前は、80対20の法則やパレートの法則について、現状の知識以上を得られるとは思っていなかったが、私が間違っていた。数多くの有益な知識やアイデアを手に入れられたことに感謝している。

 80対20のコンセプトを自分自身の仕事に取り入れ、新たなレベルに進みたいと思っている。おすすめの一冊。

レビューをすべて見る ›


1人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ ビジネスでもプライベートでも大きく成功できる。極めて大きな成果を上げる部分にリソースを割くだけ。
2014/03/19 By Ross Fletcher
レビュー対象商品: お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム

 著者のペリー・マーシャルは、誰もが一度は聞いたことがある80対20の法則を、ビジネスやマーケティングなどあらゆる場面で応用する方法を本書の中で明らかにしている。

 この本を読んだ読者は思わず唸るんじゃないかと思う。その主張に反論するのはなかなか難しい。それくらい的を射た内容になっているし、読者の目を見開かせてくれる内容。読者はこの法則を応用し、ビジネスでもプライベートでもさらなる成功を手にすることができると思う。あとは極めて大きな成果を上げている部分に自身のリソースを割くだけのこと。

 ここに書かれた情報をマスターし、ビジネスで違いを生み出す日はそう遠くない。ぜひ手にとってみて読んで欲しい本。

レビューをすべて見る ›


1人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ 高額商品やプレミアムサービスを提供することで、売上や利益がどれほど増えるか統計的に教えてくれる。
2014/02/11 By Brian T. Edmondson
レビュー対象商品: お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム

 あなたが経営者であれば、“テーブルに残してきたお金(Money Left on the Table)”という言葉を聞いたことがあるかもしれない。

 ビジネスをする私たちは80対20の法則を使って売上を伸ばすことができるはずとわかっているが、実際にその方法についてはそこまで熟知していない。本書を読めばそれがよく理解できるし、テーブルに残してきたお金についても、より納得することだろう。

 本書では、例えば高額なプレミアム製品や特別サービスを顧客に提供することによって、売上や利益がどの程度増えるのか、といったことを統計的に示してくれる。この本で紹介されているパワーカーブという概念と、本書に付いてくる付録は極めて有効なツールだと感じた。「お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム」は、ビジネスで日々発生している機械損失を把握し、そのチャンスを逃さない方法を教えてくれる。本当におすすめの一冊。

レビューをすべて見る ›


1人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ あらゆる起業家にとって必読の一冊。特にマーケティングDNAテストの分析結果はかなり貴重なデータ。
2014/02/03 By J. Sprague
レビュー対象商品: お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム

 この本には本当に驚かされた。あらゆる起業家にとって必読の一冊だと思う。特に特典(付録)として付いてくるマーケティングDNAテストを使っての分析結果はかなり貴重なデータとなる。おすすめ。そしてありがとうペリー・マーシャル。

レビューをすべて見る ›


1人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ 我流で学んできた私が販売の基本だけでなく、強力な販売方法やコンセプトも深く理解することができた。
2014/01/25 By Parham Mirshahpanah
レビュー対象商品: お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム

 私は今まで体系だてられたセールス研修は受けたことがなく、我流でセールスやビジネスを学んできた人間。そんな私だが、この本のおかげで販売の基本だけでなく、強力な販売方法やコンセプトも深く理解することができた。

・この本はとても読みやすく、一つひとつの章が短くまとめられ的を射ている。

・明確かつ実行可能なステップが紹介され、読者がすぐに応用できる形で各章が展開されている。

・本書には書籍だけでなく、追加の付録もついている(これは本を購入後、オンラインからアクセス可能になる)

・プリンが美味しいかどうかは実際食べてみないと分からない。論より証拠である。著者のペリー・マーシャルはただ本を販売しているだけではない、読者が成功を手にするためのレシピを販売している。本書を読むとそんなことを思う。

 あなたがビジネスを経営しているか否かに関係なく、しっかりとした内容のこの本をぜひ手にとって欲しい。もちろん経営者にとっては今期の決算状況を大きく改善するためのヒントが多く詰まっているため、非常に有意義な一冊となること間違いない。

レビューをすべて見る ›


1人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ まずはざっと読んでペリーマーシャルの80対20に対する考え方の全体像を掴むとこからスタートすべき。
2014/01/22 By Brandon
レビュー対象商品: お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム

 ペリー・マーシャルの「お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム」を読んだ後は、つい80対20の法則について話をしてしまう。この本では幾層にも重なるフラクタルの話が出てくるが、まさにペリー・マーシャルの鋭い洞察はそれ、何層にも重なるフラクタルそのもののように感じた。

 私はこの本で学んだ素晴らしい知識のいくつかをさっそく試してみたところ、その成果に学生のようにすっかり興奮してしまっている。

 確かに80対20の法則はプライベートでも活用できるルールではあるが、この本は特にビジネスに深く携わる人々向けに書かれた本。まずはざっと読んでみて、ペリー・マーシャルの80対20に対する考え方の全体像を掴むところからスタートさせるのをおすすめする。一度読んだら、もう一度最初に戻ってあれこれ考えながら読む。そうやって、ビジネスであなたが置かれた状況にこの原理原則を当てはめていく。そうすることでより深い理解やより大きな成果を本書から得られることと思う。

 面白いが実用性がほとんどないというビジネス書は多数があるが、この本はユニークでありながら非常に実践的なのが素晴らしい。間違いなく星5つ評価の良書。

レビューをすべて見る ›

戻る | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 | 次へ

お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム

商品詳細
2014-10-08 | Posted in 未分類No Comments » 

関連記事