誰しも自社の顧客リストにいる上位20%の上顧客を知っている。でもさらに上位20%の大ファンがいる。

マーケティング本 > ビジネス書 人気ランキング > お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム > 誰しも自社の顧客リストにいる上位20%の上顧客を知っている。でもさらに上位20%の大ファンがいる。

カスタマーレビュー

誰しも自社の顧客リストにいる上位20%の上顧客を知っている。でもさらに上位20%の大ファンがいる。

17人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ 誰しも自社の顧客リストにいる上位20%の上顧客を知っている。でもさらに上位20%の大ファンがいる。
2013/09/07 By Richard Koch
レビュー対象商品: お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム

 80対20の法則に関する本を書いた著者といえば、私(※リチャード・コッチ「人生を変える80対20の法則」著者)とティムフェリスを除いて、ペリー・マーシャルが初めてではないだろうか。彼はこの本を書き上げるという素晴らしい仕事をしたと思う。

 ペリー・マーシャルはもともとセールスとマーケティングの専門家であり、彼は本書において、セールスとマーケティングで80対20の法則を活用する方法を誰よりも深く掘り下げている。もちろん、80対20の法則はセールスやマーケティングに限らず、日々の生活のなかで活用できるものであり、そういった意味で本書はビジネス界で誰にとっても必要不可欠なものとなっている。

 私自身、拙著「人生を変える80対20の法則」の中で様々な考察を伝えたつもりだが、ペリー・マーシャルは私以上に様々な方法で、この法則を日常やビジネスに取り入れる方法を教えてくれる。例えば、彼は本書の中で「時間を割く価値がさほどないことは全て外注するべき」という見解を示している。これも80対20の法則を上手く応用している一例だ。

 また、80対20におけるフラクタル(この詳しい意味は本書の中で説明しているのでそちらを参考にして欲しい)について語っている。このパートは著者の鋭い考察で読者を当たらな次元へと押し上げてくれるものなので、一読の価値がある。ビジネスに関する話で言えば、このフラクタルという考え方をアップセリング(※顧客が希望するよりもワンランク高い商品を売ること)に応用している。

 誰しも自社の顧客リストには上位20パーセントの上顧客がいることを理解している。でも、実はその上位20パーセントの顧客の中にもさらに上位20パーセントの顧客がいることを理解しているだろうか。ほとんど多くのビジネスがパワーカーブの頂点にいる自社の大ファン層への販売に失敗している。これらの顧客が欲しがるような、高額で利ざやの大きい製品を持つこと。もし適当な製品がなければ、マーケティングをしてはいけない。この辺りも本書を読むことで理解がよりいっそう深まると思う。

 ペリー・マーシャルの本はいつも読者である私を大いに考えさせる一冊。切れのよいスタイルで、飽きること無く一気に読むことができる。本当におすすめの一冊。

→お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステムのカスタマーレビュー一覧へ

お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム

商品詳細
2014-10-07 | Posted in 未分類No Comments » 

関連記事