お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステムの評判/口コミ/感想について教えて下さい

マーケティング本 > ビジネス書 人気ランキング > お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム > お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステムの評判/口コミ/感想について教えて下さい

カスタマーレビュー1

    135レビュー       おすすめ度
星5つ:★★★★★(119)    ★★★★☆135件のカスタマーレビュー
星4つ:★★★★☆(16) 書籍名:お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム
星3つ:★★★☆☆(0)
星2つ:★★☆☆☆(0)
星1つ:★☆☆☆☆(0)

※原書のレビューを紹介しています。

評価が高い有用性のあるレビュー      評価が低い有用性のあるレビュー

24人中、24人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。

★★★★★ マーケターとして80対20の法則をマーケティングキャンペーンに常に応用していきたいと思っている。

この数ヶ月のあいだ、友人や同僚、メンターの力を借りながら自己と対話し、彼らから評価を得ながら様々なプロジェクトをすすめてきた。本書「お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム」は、そんな数ヶ月のあいだに様々な人々からもらったあらゆるアドバイスが、そのまま一冊の本になっている、そんな印象の一冊だった。本書一冊だけで読者が大きな影響を受けることは確実。この本で紹介されるアイデアや考え方は的を射ているし、有益で本当にためになる一冊だと思う。私は現在、コンサル…

投稿日: 2013/06/30 投稿者: Kevin Milani

対

3人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。

★★★★☆ 大衆の中で目立つにはどうすればよいか?注目を集め並外れた成果を出すためには?その答えが載っている。

私はこの本にもう1つ星をつけようかどうか考えていた。例えば本のレビューを見に来ても5つ星のレビューは既に数多く書かれているわけであり、誰も同じような内容の星5つレビューを読もうとはしない。要するにそこが、本書のメインテーマである80対20の考え方に通づる部分。大衆の中で目立つにはどうすればよいか?注目を集めるには?並外れた成果を出すためには?本書にはその答えが載っている。また、たった1パーセントの上顧客を特定して自社のターゲットとする。そしてその顧客を獲得する方法…

投稿日: 2013/08/21 投稿者: Adam Libman

‹ 戻る | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 | 次へ


24人中、24人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ マーケターとして80対20の法則をマーケティングキャンペーンに常に応用していきたいと思っている。
2013/06/30 By Kevin Milani
レビュー対象商品: お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム

 この数ヶ月のあいだ、友人や同僚、メンターの力を借りながら自己と対話し、彼らから評価を得ながら様々なプロジェクトをすすめてきた。

 本書「お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム」は、そんな数ヶ月のあいだに様々な人々からもらったあらゆるアドバイスが、そのまま一冊の本になっている、そんな印象の一冊だった。本書一冊だけで読者が大きな影響を受けることは確実。この本で紹介されるアイデアや考え方は的を射ているし、有益で本当にためになる一冊だと思う。

 私は現在、コンサルタントの仕事をしていて、一人で30以上の顧客を抱えている。さっそく本書で紹介されている“80対20パワーカーブ”というツールを用いて、新規顧客を選り好み(厳選)するようにしてみた。結果として顧客への負担を減らし、自分自身の収入も大いに増やすことができた。仕事と私生活のバランスも上手くとることができるようになったし、経済的にも精神的にも大きく改善することができたと思う。

 これは80対20の法則がコンサルタントである私の仕事を助けてくれた一例にすぎない。本書を読めば、80対20の法則が何に対しても応用できることがわかるはず。私自身はマーケターとして、80対20の法則をマーケティングキャンペーンに応用していきたいと思っている。ビジネス面でも、プライベートな面であっても本書を強くすすめたいと思う。

レビューをすべて見る ›


17人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ 誰しも自社の顧客リストにいる上位20%の上顧客を知っている。でもさらに上位20%の大ファンがいる。
2013/09/07 By Richard Koch
レビュー対象商品: お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム

 80対20の法則に関する本を書いた著者といえば、私(※リチャード・コッチ「人生を変える80対20の法則」著者)とティムフェリスを除いて、ペリー・マーシャルが初めてではないだろうか。彼はこの本を書き上げるという素晴らしい仕事をしたと思う。

 ペリー・マーシャルはもともとセールスとマーケティングの専門家であり、彼は本書において、セールスとマーケティングで80対20の法則を活用する方法を誰よりも深く掘り下げている。もちろん、80対20の法則はセールスやマーケティングに限らず、日々の生活のなかで活用できるものであり、そういった意味で本書はビジネス界で誰にとっても必要不可欠なものとなっている。

 私自身、拙著「人生を変える80対20の法則」の中で様々な考察を伝えたつもりだが、ペリー・マーシャルは私以上に様々な方法で、この法則を日常やビジネスに取り入れる方法を教えてくれる。例えば、彼は本書の中で「時間を割く価値がさほどないことは全て外注するべき」という見解を示している。これも80対20の法則を上手く応用している一例だ。

 また、80対20におけるフラクタル(この詳しい意味は本書の中で説明しているのでそちらを参考にして欲しい)について語っている。このパートは著者の鋭い考察で読者を当たらな次元へと押し上げてくれるものなので、一読の価値がある。ビジネスに関する話で言えば、このフラクタルという考え方をアップセリング(※顧客が希望するよりもワンランク高い商品を売ること)に応用している。

 誰しも自社の顧客リストには上位20パーセントの上顧客がいることを理解している。でも、実はその上位20パーセントの顧客の中にもさらに上位20パーセントの顧客がいることを理解しているだろうか。ほとんど多くのビジネスがパワーカーブの頂点にいる自社の大ファン層への販売に失敗している。これらの顧客が欲しがるような、高額で利ざやの大きい製品を持つこと。もし適当な製品がなければ、マーケティングをしてはいけない。この辺りも本書を読むことで理解がよりいっそう深まると思う。

 ペリー・マーシャルの本はいつも読者である私を大いに考えさせる一冊。切れのよいスタイルで、飽きること無く一気に読むことができる。本当におすすめの一冊。

レビューをすべて見る ›


14人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ 頭の切れる男ペリーマーシャルのビジネスに対する考え方が濃く凝縮された本。過去数年分の学び全て。
2013/08/04 By Effective Customer Newsletters
レビュー対象商品: お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム

 私は長い間、著者であるペリー・マーシャルから教えを受けている。彼から学んだことは、私が起業し、そしてそのビジネスを拡大するうえで少なからず影響を与えてきたと思う。本書は、非常に頭の切れる男ペリー・マーシャルのビジネスに対する考え方が濃く凝縮された一冊。過去数年間のあいだに私がペリーから学んだことの多くが本書にまとめられている。

 ペリー・マーシャルは戦略的な思考をする人物。大きな概念や考え方を理解し、それを様々な方法で自社のビジネスに落としこんでいく(あるいは応用していく)。そういった思考やアプローチが嫌いじゃない人々にとって、本書はたいへん魅力的にうつると思う。実際、80対20の法則はとても重要な概念であり、多くの人が様々なビジネスシーンやプライベートの中で取り入れていることができるもの。これは本書を読み進めていく中でより理解が深まると思う。

 個人的な見解をいえば、本書はオタク的というかギーク的というか、そういう思考、性質の経営者にとってより魅力的な一冊になっていると思う。というのも、パーセンテージやレシオ(比率)といったマニアックな用語やグラフも数多く登場する。経営者であれば、こういった専門的なテーマが実世界でビジネスを拡大、維持するのに重要だということは説明するまでもないと思う(ただ、この本を理解するのに数学の天才である必要ない。数字の重要性を理解していれば問題ない)。

 本書には本自体の有益さに加えて特典のツールがついてくるので、それも非常に興味深い内容になっている。復習し、より理解を深めるために本書の内容を要約したレジュメが用意されているし、80対20の考え方を自社のビジネスに応用するためのオンラインツールが手に入るURLも紹介されている。私のような数字オンチの人間にとって、これらのツールは非常に有益だった。

レビューをすべて見る ›


28人中、24人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ 80対20の法則は耳にしたことがあったが、深い意味や意義、応用の仕方については全く把握していなかった。
2013/07/29 By B. Hunt
レビュー対象商品: お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム

 大げさに聞こえるかもしれないけど、本書を読み進める中で、途中まで瞬きも忘れて読みふけってしまっていた。

 あなたもそうかもしれないけど、私はこれまで数多くのビジネス書籍、成功本、自己啓発本を読んできた。その多くは、読み終え、時間が経つとともに存在すら忘れされてしまうもの。でも「お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム」はそういった本とは一線を画する内容の一冊だった。

 この本はとてもシンプルだけど、力強く、希少な一冊のように思う。本書で語られる主張、中心となるメッセージはずっと読者の頭の中に残って消えることがない。私も本書で語られるアイデアを意識しながら自然と日々を過ごすようになっている。私はこの本を3時間かけて読了したけど、読み終えたときに、すぐもう一度読み直したいとすら思った。

 著者であるペリー・マーシャルの言葉を読めば、読者は目から鱗が落ちる体験を多くすると思う。私自身、80対20の法則についてはもちろん耳にしたことがあったけど、その深い意味や意義、応用の仕方については全く把握していなかった。ただ、この法則は自社のビジネスだけでなく、仕事での関係性や財産の築き方、人生をより楽しむうえでもとても重要な考え方になる。本書はそんなことを教えてくれた。

 人生に大きなインパクトを残す本はそうそうないけど、もしかしたら、この本はあなたにとってそういう一冊になるかもしれない。ぜひ手にとって欲しい。ビジネスを経営している人、何かを目指して働いている人、心に野心を抱いている人はぜひ読んで欲しいと思う。

レビューをすべて見る ›


19人中、17人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ 80対20の法則のおかげで、ここ1年半でビジネス規模は3倍以上(収入も4倍以上)にすることができた。
2013/08/02 By michael strickland
レビュー対象商品: お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム

 ペリー・マーシャルは世界で一番有名なグーグルアドワーズの本を書き、「アドワーズの魔術師」と言われているが、グーグルアドワーズは別に彼が発明したものではない。また、本書のテーマとなっている80対20の法則自体も、彼が発明したものではない。彼が素晴らしい点は、人々の周りに既にある法則をとらえ、それを認め、マスターしてしまう点。そして、それを書籍で読者に伝えてくれること。本書でも、あなたの周りにある80対20の法則を理解させ、マスターする手伝いをしてくれる。

 80対20の法則は一つの分野にだけ使える法則ではない。あらゆる分野に応用することができる。ビジネスであっても、プライベートでも、人生でも、どんな分野にも応用することができる。ペリー・マーシャルが80対20の法則を教えてくれたおかげで、ここ1年半で私のビジネス規模は3倍以上(収入も4倍以上)にすることができた。そして、この成長はまだまだ続いている。80対20の法則は一度やってしまえばそれで終わりというものではない。常に改善、改良していくプロセスでもある。一度、この改善サイクルに入ってしまうと病み付きになると思う。

 ここ5年のうちに、ペリー・マーシャルは「グーグルアドワーズの専門家」、「アドワーズの魔術師」の称号をきっぱりと捨て去り、「80対20の法則の達人」となると思う。そして地球上で最も人気のあるビジネス書著者であり、ビジネスを改善する専門家で在り続けると思う。

 本書をぜひ手にとって欲しい。本書に特典としてついてくるマーケティングDNAテストを無料で使えるだけで、本代の価値がある。私は自社の従業員、そして新規雇用者全員にこのテストを持ちている。もちろん、このツールのおかげで大量の履歴書を見るなんていう時間の無駄はしていない。

レビューをすべて見る ›


8人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ 貴方がビジネスを経営している、あるいはマーケティングに携わる仕事をしているなら、手にとって欲しい。
2013/08/15 By Mikerhodes
レビュー対象商品: お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム

 あなたがビジネスを経営している、あるいはマーケティングに携わる仕事をしているなら、本書を手にとって欲しい。自分もそうだったが、少なくとも3回は読み直したくなる、そんな内容の一冊になっている。

 この本は「人生を変える80対20の法則」の著者であるリチャード・コッチの序文から始まるわけだけど、前書きを読んでいるだけで、つい頷いてしまっている自分に気付くと思う。私自身、80対20の法則については詳しく知っているものだと思っていた。もちろん、リチャード・コッチの本も読んだことがあるし、著者のペリー・マーシャルがここ数年で話している内容に関してもよく耳にしているつもり。彼が多くの本で語る原理原則を用いて、企業相手にコンサルティングをしたこともある。ただ、そうであってもなお、この本の内容には軽い衝撃を受けた。

 この本には有益なコンセプトや見事な説明(数字や公式を使って詳細に教えてくれる)が数多くある。自社のビジネスにすぐ応用できるようになっていると思う。本当に良書。本書で語られるアイデアをシェアしてくれた著者に感謝したい。

レビューをすべて見る ›


8人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ ペリーマーシャルは革新的な思考で卓越したマーケティング手法を紹介してくれる人物として知られている。
2013/08/04 By David M. Frees III
レビュー対象商品: お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム

 著者のペリー・マーシャルは、革新的な思考で、卓越したマーケティング手法を紹介してくれる人物としてよく知られている。読者に対して、常に有益なツールやアイデア、戦略を提供してくれる。彼は読者と、そのビジネスの成功のために本当に尽くしているように思う。本書もその例外ではない。

 私が個人的に気に入っている点として、ペリー・マーシャルは興味深いアイデアを本にまとめてくれるだけでなく、それらのアイデアが実社会でも活用できる点が挙げられる。彼はいつもその一点にフォーカスして本を書いてくれる。

 何らかの本を読む時、ビジネスを営む私がいつも望むことは、その本から得られる一つの素晴らしいアイデアによって自社の顧客にさらなる価値がもたらされること。健康や正常な思考を損なうことなく、金儲けができるようになるアイデアを得ること。今回の「お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム」は、そんな私の期待を大きく上回る内容の作品になっている。

 私は本書を読むことで有益なアイデアを3つか4つ手に入れることができ、それらのアイデアを実行に移すための戦略も多数組むことができた。新しく紹介されているペリーのマーケティングリストも試してみて、ある程度の結果を既に手に入れている。買うに値する良書。読み始めると、どんどん引き込まれていくと思う。素晴らしい本をありがとう、ペリー。

レビューをすべて見る ›


7人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ 「80対20の法則は分かったけど、実際にどうビジネスに活用すればいいのか?」その答えが書いてある。
2013/08/27 By Ray Edwards
レビュー対象商品: お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム

 実を言うと私はペリー・マーシャルが主催する80対20の法則をテーマとした研修プログラムを2種類受講したことがある。受講したのは本書が発売される前だったから、恐らく同じような内容になるであろう。そして、本書から学ぶことはほとんどないと思っていた。でもこれは私の間違い。

 もしあなたが80対20の法則について知り尽くしていると思っていても、あるいはこのテーマに関連するペリー・マーシャルの著作は全て購入済みだったとしても、この本はぜひ読んで欲しい。読んでみて、個人的に手に取るべき理由を10個挙げてみる。

1.本書には購入者への特典や付録のツールが数多く紹介されている。そのうちの一つ80対20の法則を活用するためのオンラインツールが手に入るけど、これ単品だけで75ドル分の価値がある。書籍に付随するツールや特典というのは、たいてい大して使えないものばかりだけど、このツールは本当に役に立った。実はこれ単品だけにでもお金を払いたいくらいのもの。

2.ティム・フェリスは著書『「週4時間」だけ働く。』でセールス及び、マーケティングにおける80対20の法則の可能性を教えてくれた。読んだことない人はティム・フェリスの作品も一読をすすめたい。わくわくすると思う。ただ、この本を読むとこう思う「80対20の法則のポテンシャルは分かったけど、実際にどう活用すればいいのだろうか?」。その答えが「お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム」の中に書いてある。

3.第5章では80対20パワーカーブというテーマを扱っている。これは80対20の法則の原理を理解したいと思うなら、絶対につかんでおかなければならない概念。個人的には、この章だけでも本代の10倍の価値があったんじゃないかと思う。

4.第12章に登場する“2,700ドルのエスプレッソマシーン”の話も一読の価値がある。この簡単な話を読めば、仕事量や広告費を極端に増やすことなく、自社のビジネスでたちまち収益を拡大できる方法が浮かぶと思う。

5.第7章の“コンバージョンへの集中 ショットガン作戦成功後のセールス”は、第5章のパワーカーブ同様に、この章だけで本代の10倍は価値ある内容が紹介されている。実際、これはかなり控えめに伝えているわけだけど、あまりに言い過ぎると信じてもらえなくなるかもしれないので、この辺にしておく。

6.第20章、“市場の二極化 対立が市場を飛躍させる”では、マーケターであれば特に関心を示す章になっている。他者から見た自社(自分)のイメージにあれこれ悩んでいる人なら特に参考になると思う。あえて誰かを怒らせる、そんな方法が実がビジネスでは非常に有効であることも教えてくれる。

7.特典や付録が魅力的であるという話はしたが、そのオマケを上手く使いこなす方法が紹介されているパートがある。このパートはツールを活用するうえでぜひ参考にしてみて欲しい。

8.第21章では、25万ドルの価値がある市場リサーチについて。そんな価値ある市場リサーチを午後の空き時にPCとインターネットで無料で行う方法が紹介されている。

9.第15章では、自分自身の価値を上げ、仕事に対して時給1,000ドル以上を請求できる方法を紹介している。そんな時給は想像できないかもしれないが、これも紛れもなく現実的であることが理解できると思う。

10.各章末には、パレートサマリーと呼ばれる章の要約が紹介されている。各章を見事にまとめあげているので、章ごとに内容を簡単におさらいすることができるようになっている。

 私はペリー・マーシャルに関する著書(イーサネットに関するものを除く)を全て持っている。本書はこれまでの彼の作品の中で最高の一冊。強くおすすめしたい。

レビューをすべて見る ›


6人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ 80対20の法則を読み解こうとすると複雑な内容になりがち。そんなテーマを簡潔に説明してくれる本。
2013/08/13 By Brett A. Haugen
レビュー対象商品: お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム

 私は本を読んでも、熱心にレビューを書く人間ではない。それでもペリー・マーシャルの最新作を読んだ今、こうしてレビューを書かずにはいられなかった。

 80対20の法則を読み解こうとすると、とても複雑な内容になってしまいがちだと思う。そんなテーマであっても、著者のペリー・マーシャルは複雑なテーマを分かりやすくかみ砕き、ユニークな方法で読者に説明してくれる。読者は複雑なテーマを簡単に理解できることと思う。私は要点を説明する際に、物語形式を利用してくれる点も非常に気に入った。

 第2章の“ショットガン作戦 ターゲットを見極める“では、ターゲットを見極め、マーケティングを行うにあたり、80対20の法則を上手く活用する素晴らしいストーリーを紹介してくれる。また、第7章はわずか9ページという短さだが、マーケティングのプロたちにとっては、この章1つで本代の元がとれる内容のパートとなっている。ビジネスやセールスのプロであれば、第13章も必読のパートとなる。

 そんな中で私が一番気に入っているのは第19章の“下位10%は追放すべし! ビジネスにおける寛大さと厳しさ”の章立て。本書の内容や80対20の法則を正しく理解していない同僚には、少し頭がおかしい人間だと思われるかもしれない。でも、私はこの概念やアイデアを実際にビジネスに活用している。そして、法則を応用する度、それに見合った結果を手にすることができている。顧客トラブルに頭を悩ましているなら、ぜひこの章を一読することをすすめたい。ストレスフリーで仕事ができるようになることうけあい。

レビューをすべて見る ›


6人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ 少ない労力で、ストレスを軽減しながら多くの結果を手に入れたい。そう思うなら、手にとって欲しい本。
2013/08/11 By Cronny
レビュー対象商品: お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム

 私は今まで無数のビジネス書を読んできたが、ここまで数字や数学的なアプローチをする本を読むのは初めてだった。そんな一冊だが、あなたが肉屋だろうとパン屋だろうとロウソク職人だろうと、大企業家だろうと関係ない。本書はどんなジャンルであってもビジネスに携わる人に大きな影響を与える一冊。数学的なアプローチで何をすればよいのか。またその行動を起こす理由。どの部分の成果をみて、物事の判断や評価を行えばいいのかにフォーカスしたビジネス書になっている。

 これは著者ペリー・マーシャルの他の書籍にも言えることだとだが、彼のアイデアは机上の空論ではない。常にビジネスの世界で生きる人々が実行可能なものばかり。

 仕事における80パーセントの成果を出している20パーセントの要素を明らかにすることができればどうだろうか。あるいは仕事における96パーセントの成果を出している4パーセントの要素が明らかになればどうだろうか。フォーカスし、経営資源を投入すべき場所を明確にするための有益なツールも紹介されている。私自身、この本を読んでビジネスで数学を活用することの力に驚かされた。少ない労力で、ストレスを軽減しながら多くのものを手に入れたい。そんな風に思うなら、この本をぜひ手にとって欲しい。

レビューをすべて見る ›

‹ 戻る | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 | 次へ

お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム

商品詳細

2014-10-07 | Posted in 未分類No Comments » 

関連記事