ビジネスマンとしてふさわしい経営者の類である限り。この本はどんな経営者をも稼がせる価格戦略の本。

マーケティング本 > ビジネス書 人気ランキング > 世界一ずる賢い価格戦略 > ビジネスマンとしてふさわしい経営者の類である限り。この本はどんな経営者をも稼がせる価格戦略の本。

カスタマーレビュー

ビジネスマンとしてふさわしい経営者の類である限り。この本はどんな経営者をも稼がせる価格戦略の本。

13人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★☆ ビジネスマンとしてふさわしい経営者の類である限り。この本はどんな経営者をも稼がせる価格戦略の本。
2011/05/04 By Reg Nordman
レビュー対象商品: 世界一ずる賢い価格戦略

 本を読んだ率直な感想としては、共著者のダンケネディとジェイソンマーズの二人は、“ザ・アメリカ人のセールスマン”という感じ。彼ら以上にこの手の本を上手く書き上げる著者もいないんじゃないかと思う。この本は4人の著者が登場して4人がタッグを組みながら、章から章へと違った観点から様々なアイデアを紹介してくれる。ただ、個人的にはそれが全体的に関連性のない(途切れ途切れ)な印象にも感じた。ちなみに4人のうちダンケネディとジェイソンマーズがメイン著者。ダンケネディがこのスタイルで本をたくさん書いているというのは、よく知られたことだと思う。

 この本自体は多くの有益な内容で溢れているし、特にネーグルのパートは精読すると学びが多い。この部分だけ読んでも価格戦略について手っ取り早く学べるんじゃないかと思う。この手の内容の本は今までも何冊か読んだことがあるけど、この本の文中でも知らない参考文献がキリがないくらいに紹介されている。普通は単に広告として著者の知り合いや著者自身の作品が紹介されるんだけど、それらの作品を除いた参考文献ばかりなのも良い。参考文献リストとしても非常に貴重な情報。

 本書の中で、ダンケネディたちはこれまた情け容赦のなく彼らのウェブサイトへも誘導しているんだけど、初めての人向けにいえばこれはある種ダンケネディっぽさの一つ。書籍を購入してくれた人に書籍代以上の購入者特典をくれるようになっている(前もって手に入れておこう)。言い換えれば、本書を購入した段階で十分にペイしているということだし、ダンケネディたちは価値を訴求する販売手法やバリュープライシング(サービス価値で値付けする)が好きだということ。

 ダンケネディが本書のなかで話しているニッチ市場やサブカルチャー市場攻略のくだりは、販売員が優良顧客を見つけるのにとても役立つと思う。

 ニッチ市場は職業によって属性分けできるかもしれないし、サブカルチャーは興味や信仰、活動によって属性分けできるかもしれない。

 本書で紹介される多くの内容はBtoBビジネスにとって特に有益なんじゃないかと思うけど、実際、本書のターゲット層はBtoCもやる中小企業経営者なんじゃないかと思う。ネーグルの章なんかはフォーチュン500のような大企業向けにも見えるけど。キンドルでぜひこの本を買って欲しい。キンドルはとても読みやすい。これは価格戦略における究極の一冊というわけじゃないけど、価格戦略に関してすばやく学びたいと思う多くのビジネスマンにとっては素晴らしい一冊だと思う。ダンケネディの著書はアマゾンで割引販売されているし(※米国版に限る)。

→世界一ずる賢い価格戦略のカスタマーレビュー一覧へ

世界一ずる賢い価格戦略

商品詳細
2014-10-06 | Posted in 未分類No Comments » 

関連記事