著者は1冊の本の中に社長として仕事とプライベートの両方を成功にもたらす原理原則を全て盛り込んだ。

マーケティング本 > ビジネス書 人気ランキング > 社長の生産力を上げるシステム思考術 > 著者は1冊の本の中に社長として仕事とプライベートの両方を成功にもたらす原理原則を全て盛り込んだ。

カスタマーレビュー

著者は1冊の本の中に社長として仕事とプライベートの両方を成功にもたらす原理原則を全て盛り込んだ。

24人中、21人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ 著者は1冊の本の中に社長として仕事とプライベートの両方を成功にもたらす原理原則を全て盛り込んだ。
2009/10/19 By Steve Burns
レビュー対象商品: 社長の生産力を上げるシステム思考術

 著者のサム・カーペンターは1冊の本の中に、仕事とプライベートの両方を成功にもたらす原理原則を全て盛り込んでくれている。経営者としてのマインドをもう一度学び直すこともできるし、大げさな表現をすれば、社長としての私の人生を大きく変えた一冊でもある。

 著者は、”私たちが生きる世界は、自然界であれ、人間のカラダの中であれ、ビジネスであれ、全てはシステムに基づいて動いているものである”ということ。そして、“システムが正常に機能するかぎり、どんな分野でも高い確率で物事が上手くいくこと”を教えてくれる。システムの細部まで注意して、そこに秩序をもたらす。そうすることで、たとえ大きな問題であっても根本的な解決につなげることができる。一方で、システムが無秩序な状態のままあれば、常に絶望しか待っていない。本書はそんなことを教えてくれる。あなたが会社経営をしていくうえでぶつかる問題の多くは、実際、何らかのシステム障害が原因で起こっているのだ。

 経営者の仕事は、仕事とプライベートの両方で、望むような成果をもたらしてくれるシステム(仕組み)を作り上げること。マネージャーや中小企業経営者であれば、システムを文書化し、全従業員の合意を得ながら改善の道具とすること。そうすれば、何か問題が生じた時、どの部分のシステム障害が原因で、どこを修正すればよいかすぐに判断することができる。あなたの時間の大部分を使うべきは、このシステムの作成と、テスト、そしてメンテナンスだ。

 著者のサム・カーペンターは、目標を達成するためのマニュアル作成方法、そして、それを実際に使ってシステムを作り上げる方法を本書に記している。この本の内容に従ってシステム化を進めることができれば、間違いなくあなたのビジネスを次のレベルへと押し上げることができる。

 私は、中小企業経営者として会社を20年切り盛りしてきたが、ビジネスを始めた初期の頃にこの本に出会っていればと思うことがある。きちんと稼働するシステムや仕組みを最初から作ることを意識していれば、もっと早く大きな成果を手に入れることができていたと思う。システムなしに、経営者の経験や勘だけではビジネスがなかなか上手くいかないことも多い。おすすめの一冊。

→社長の生産力を上げるシステム思考術のカスタマーレビュー一覧へ

社長の生産力を上げるシステム思考術

商品詳細
2014-08-21 | Posted in 未分類No Comments » 

関連記事