ウェブセールスコピーの法則の評判/口コミ/感想について教えて下さい

マーケティング本 > ビジネス書 人気ランキング > ウェブセールスコピーの法則 > ウェブセールスコピーの法則の評判/口コミ/感想について教えて下さい

カスタマーレビュー1

    66レビュー       おすすめ度
星5つ:★★★★★(49)    ★★★★☆66件のカスタマーレビュー
星4つ:★★★★☆(17)     書籍名:ウェブセールスコピーの法則
星3つ:★★★☆☆(0)
星2つ:★★☆☆☆(0)
星1つ:★☆☆☆☆(0)

※原書のレビューを紹介しています。

評価が高い有用性のあるレビュー      評価が低い有用性のあるレビュー

92人中、89人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。

★★★★★ ウェブ上に販売サイトを持ちたい、メルマガで上手く商品を販売したいと考える人におすすめのビジネス書。

私はちょうどマリア・ヴェローソの「ウェブセールスコピーの法則」を読み終えたところ。この本にはユニークなテクニックやコピーライティング術が紹介されている。セールスコピーライターやウェブコピーに携わる人が、今までにない徹底したやり方でネット販売できるようになっている。紹介されているテクニックはどれも非常に効果的で、信じられないほどダイナミックなものばかり。ここで私からの意見をいくつか述べるので参考にして欲しい。著者のマリア・ヴェローソのウェブコピーライティング…

投稿日: 2005/01/20 投稿者: Susanna Hutcheson

対

94人中、93人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。

★★★★☆ ウェブ上で高額商品を販売するには、文章だけで商品の良さを納得させ、買う気にさせなければならない。

著者のマリア・ヴェローソは、オンライン講座やその他ウェブ上に存在する商品やサービスを販売するためのセールスコピーを書くスペシャリスト。著者が実際に依頼されてウェブコピーを書く商品やサービスには高額で販売されているものも多い。ウェブ上でこの手の高額商品を販売するためには、ウェブ上に置かれた文章だけで買い手に商品の良さを納得させ、買う気にさせなければならない。書籍やオンライン講座、自己啓発系コンテンツ、ダイエット器具など。あなたが販売しようと思っている商品やサ…

投稿日: 2005/08/30 投稿者: Customer

‹ 戻る | 1 2 3 4 5 6 7 | 次へ


94人中、93人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★☆ ウェブ上で高額商品を販売するには、文章だけで商品の良さを納得させ、買う気にさせなければならない。
2005/08/30 By Customer
レビュー対象商品: ウェブセールスコピーの法則

 著者のマリア・ヴェローソは、オンライン講座やその他ウェブ上に存在する商品やサービスを販売するためのセールスコピーを書くスペシャリスト。著者が実際に依頼されてウェブコピーを書く商品やサービスには高額で販売されているものも多い。ウェブ上でこの手の高額商品を販売するためには、ウェブ上に置かれた文章だけで買い手に商品の良さを納得させ、買う気にさせなければならない。

 書籍やオンライン講座、自己啓発系コンテンツ、ダイエット器具など。あなたが販売しようと思っている商品やサービスがなんであれ、ウェブ上で商品を販売したいと思うなら、この本を読むことで“顧客の心をつかみ、顧客の心にささる”セールスコピーを書くためのアドバイスを手にすることができる。

 ただ、もしあなたが私と同じような人で、従来型のECサイトでモノを販売しようとしているなら、著者のやり方は多少強引な手法に感じる部分もあるかもしれない(実際、私自身はそう感じる部分も多少あった)。著者のアドバイスやウェブコピーのテクニックをそのまま使ってもいいかもしれないが、取り扱う商品やサービスによっては、著者のアドバイスを上手く自分の業界にカスタマイズする必要があると思う。やり過ぎにならない程度に。

 そうは言っても、マリア・ヴェローソは本書の中で非常に役立つ販売心理学の知識やテクニックを伝授してくれる。カタログ形式のECサイトも、Eメールやメールマガジンでネット販売している人でも、すぐに活用できるヒントが数多く紹介されているので参考になると思う。

 どんなビジネス書でも広告関連書籍でもマーケティング本でも、私の目的は一つ。「本の中から実行に移せるしっかりとしたアイデアを少なくとも1つ手に入れる」ということ。少なくとも1つを手にすることができれば代金を出し、時間をかけて読む価値があると思っている。そういう意味で、この本からは「キープしておきたい」と思えるアイデアが数多く手にすることができた。また、私が本の良し悪しを判断する基準として、読了後に、後日ネット上で古本として売りに出すかどうか、というものもある。この点に関しては、この本に関しては手放さず、本棚に置き参考書として活用したいと思っている。

レビューをすべて見る ›


92人中、89人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ ウェブ上に販売サイトを持ちたい、メルマガで上手く商品を販売したいと考える人におすすめのビジネス書。
2005/01/20 By Susanna Hutcheson
レビュー対象商品: ウェブセールスコピーの法則

 私はちょうどマリア・ヴェローソの「ウェブセールスコピーの法則」を読み終えたところ。この本にはユニークなテクニックやコピーライティング術が紹介されている。セールスコピーライターやウェブコピーに携わる人が、今までにない徹底したやり方でネット販売できるようになっている。紹介されているテクニックはどれも非常に効果的で、信じられないほどダイナミックなものばかり。

 ここで私からの意見をいくつか述べるので参考にして欲しい。

 著者のマリア・ヴェローソのウェブコピーライティング術は、全てのウェブサイトや全ての製品・サービスに効果的だというわけではない。当たり前だが、あらゆるウェブサイトにぴたりとハマるテンプレートというものはこの世に存在しない。これはウェブコピーライティングでも同様のこと。

 例えば著者は、ウェブコピーライティングのスタイル(編集方法とでも呼ぶべきか)によって、そのビジネスがウェブ上でも成功するかどうかを決めると主張する。確かにウェブサイトによっては、著者の主張は正しく、著者のウェブコピー術がハマるサイトでは圧倒的な成果をもたらしてくれる。ただ、繰り返すが全てのサイトが“ハマる”わけではない。あらゆるサイトで普遍的に使えるテクニックではなく、ウェブサイトの性質によってはウェブコピーが有用ではない場合もある。

 著者はまた、自分自身のウェブサイトで“見込み顧客リストを獲得するための仕掛け”を好んで使っている(「リストを取る」と俗に言われているもの)。本書の中でも、読者に同様の手法を推奨している。個人的には、こういった方法も合う合わないが存在すると思っている。自分自身のウェブサイトの性質をよく見極めながらアイデアやテクニックを取り入れていくことをオススメする。

 ただ、これらの点を踏まえても、本書には私にとって新しく貴重なアイデアやアドバイスが数多く紹介されていた良書。この本を読んだ読者のほとんどは非常に役立つ内容が書かれたコピーライティング本だと感じるだろう。この本を購入し、自社の状況に合わせて内容を見極めながら活用してみて欲しい。

 私は今までウェブコピーライティングに関する本を数多く読んできたが、役立つような情報やアイデアが得られた本はわずかだった。実際、ほとんどの本が1冊につき優れたアイデアが数える程度というもの。

 その点で「ウェブセールスコピーの法則」は今まで最良の一冊だと言える。ウェブ上に自社の商品やサービスを販売するサイトを持ちたいと思っている方。あるいはメルマガを使って、上手く商品を販売したいと考えている方にとっては本当におすすめ。この本一冊でかなりの範囲を網羅できる。著者のマリア・ヴェローソは素晴らしい仕事をしている。

 この説得力ある一冊を、全てのセールスコピーライターやウェブコピーを書く人に強くおすすめしたい。ただ、前述のとおり、あなた自身にとって効果的な部分を上手く取捨選択しながら自社のネット販売に上手く役立てて欲しい。

レビューをすべて見る ›


12人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ 見込み客を自社サイトで顧客に替えるあらゆる要素を取り入れた公式が分かるウェブコピーライティング本。
2006/12/20 By Black Raven
レビュー対象商品: ウェブセールスコピーの法則

 この本は間違いなく貴重なウェブセールスコピーライティングの本だと思う。この本にはコピーライティングやウェブマーケティング全般における素晴らしい教訓が数多く紹介されている。読者は、それらを網羅し、学ぶための莫大な時間を節約することができるはず。

 この本で著者のマリア・ヴェローソは、始めにウェブコンテンツの書き方ではなく、売れるウェブコピーの書き方を非常に分かりやすく教えてくれる。つづいて、この本の核となる“ウェブ上で買い物をしてくれる見込み顧客を自社のウェブサイトで顧客に替えるあらゆる要素を取り入れた公式”を教えてくれる。私的にはこの公式がこの本の価値だと思っている。

 あなたが自社の商品やサービスに関するウェブコピーを書く際に、実際に使う言葉は、自社の(おそらく)トップ営業マンである、あなた自身が口にする言葉で良い。インチキ商品をウルセールスマンが書くようなコピーにする必要はない。私は経営者や大企業の重役といった、比較的所得の高い人々を相手に法人向けのサービスを展開している。私自身、この本では非常に素晴らしく、すぐに使える実践的な教訓を数多く学ぶことができた。この本を読み、今まで読んできた良書のビジネス書と上手く組み合わせることで、少ない資本(経費)で多くのキャッシュを生み出す仕組みを作り出すことができると思う。

 一つ注意点を。あなたがもし、これからコピーライティングやウェブセールスコピーについて学ぼうと思うのであれば、必ずしも高価なプログラムは必要ないということ。Googleで検索をすれば優れたリソースを数多く見つけることができる。ただ、この手のコピーライティングスキルを身につけようと調べ物をしていると、“その道の第一人者を装った人間”が数万〜数十万の値段を付けて学習プログラムを販売していることに気づく。また、こうした怪しげなプログラムが、今日“インターネットビジネス”という大きな枠組みにひとくくりにされてもいる(非常に残念ではあるが)。

 ただ、勘違いしないで欲しいのは、その手のしょうもないプログラムとこの本は全く別物だということ。そんなものに数万円払うなら、この本のこの価格で数倍の価値を手にすることができるので注意して欲しい。

 この本をぜひ手にとって、マリア・ヴェローソが教えてくれるウェブセールスコピーの原則や公式、コンセプトを用いて売上をアップさせて欲しい。この本は本棚でほこりをかぶってしまっては意味がない。ぜひ活用してみて欲しい。

レビューをすべて見る ›


10人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ ウェブサイトのコンバージョン率を大きく改善することができるウェブコピーライティングのビジネス書。
2005/10/20 By Desi
レビュー対象商品: ウェブセールスコピーの法則

 ウェブマーケター向けに発売されているコピーライティング本の中で最高の一冊。売れるウェブコピーを書く方法が分かるだけでなく、ウェブコピーライティングに必須のテクニックやアイデア全てを学ぶことができる。

 オプトインメールや自動返信メール、メルマガなど、ウェブサイトのコンバージョン率を大きく改善することができるはず。構成も非常にしっかりとしていて、よくまとまっているように思う。初心者でもステップバイステップで学ぶことができる。SEO対策関連書籍と併せて読むことで、さらに成果を上げることができるはず。

レビューをすべて見る ›


10人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ 成功しているウェブサイトを参考にしても同じ結果は期待できない。その過程(プロセス)をモデルにする。
2007/04/12 By John Chancellor
レビュー対象商品: ウェブセールスコピーの法則

 「ウェブセールスコピーの法則」はしっかりとした内容でありながら、分かりやすい一冊。ウェブコピーライティング改善に役立つ素晴らしいアイデアが数多く紹介されている。

 著者のマリア・ヴェローソがウェブコピーに関して指摘しているポイントは多数あるが、ビジネスだけでなく、人生や生活のあらゆる場面で使えるようなアドバイスだった。例えば著者は「成功しているウェブサイトを参考にしても同じ結果は期待できない」と指摘する。あくまで“その過程(プロセス)”をモデルにしないといけない。辿るべきは、成功したウェブサイトの作成者が通ったプロセスであると。

 本書は、単に売れるウェブコピーライティングのテクニックを紹介する本だけではない。非常に優れたマーケティング本でもある。マリア・ヴェローソは見込み客があなたのファンになることの大切さを説いている。ウェブ上で取引する以前よりも、取引後にあなたを信頼する。そんなウェブサイトの作り込み方を段階を追った方法で教えてくれる。

 またウェブサイトのデザインについても学ぶべき点が多くあった。例えば最初に現れる画面の重要性には完全に同意。閲覧者のメリットを中心に考えなければならない理由も教わった。ウェブサイトのデザインは、ついついユーザビリティよりも自尊心を高めるものになりがち。常に閲覧者の視点を心がけることをもう一度再確認できた。

 個人的にはマリア・ヴェローソが提供してくれている、ウェブコピーを作るうえで必要なTODOリスト(その逆のしてはいけないリスト)が役立った。その他、ウェブサイトを評価するための公式やツールも有益なものが多い。

 この本にはウェブコピーライティング術だけでなく、素晴らしいマーケティングレッスンが数多く詰まっている。言葉で語り、心で売る。失うことへの不安は、得ることへの切望以上に優れた動機付けになる。こういった貴重なマーケティングの教訓をぜひ学んでほしい。自社のウェブサイトを担当する人であれば誰にとっても、数多くの学びを得ることができる良書。

レビューをすべて見る ›


11人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ 魅力的な記事のウェブサイトとオプトインメールリストの併用で、セールスの流れを作りこむことができる。
2005/09/24 By Gary L. Ewer
レビュー対象商品: ウェブセールスコピーの法則

 広告のあり方や手法が時代とともに変化するのは間違いない事実。商品やサービスを提供する方法も、見込み客を惹きつけるために使う言葉も、ターゲットとする年齢層や商品次第で変わってくる。マリア・ヴェローソのこの本でも分かるように、製品やサービスの提供方法も広告をする場所で変わってくる。

 「ウェブセールスコピーの法則」で著者のマリア・ヴェローソは、ウェブ上でモノを販売するためにはまず、人々がどのようにしてインターネットを使い、ウェブ上の文章を読むのかを理解しなければならないと述べている。

 あなたのウェブサイトに訪れるほとんどの人は、実際には「読む」のではなくウェブ上の文字を「ざっと見ている」ことが調査によってわかっている。これがウェブセールスコピーライティングを学ぶ出発点となる。読者は、どのようにしてキーワードやアイデア、フレーズを見込み客にウェブ上で上手く届けるのか、その方法を理解することができる。もちろん、基本となる考え方は印刷された広告業界で何十年も使われてきたものと同じ。ただ、それをオンライン上での状況にあわせたやり方を本書は教えてくれる。

 その他にもこの本を通じて貴重なアイデアを学ぶことができる。私たちは、ほとんどの人が情報を得るのはコンテンツであり、広告からではないことを知っている。著者は読者に対し、広告でなくとも記事のように読めるウェブページを作る方法を教えてくれる。魅力的な記事が含まれたウェブサイトと、オプトインメールリストを併用することで、しっかりとしたセールスの流れを作りこむことができる。

 この本にはウェブ上でモノやサービスを販売する人間であれば、誰しも知っておくべき役立つ情報が他にも書かれている。ウェブサイトに訪れたユーザーが製品についてもっと知りたくなるような専門用語をサイト上で使う方法。メルマガを送る際に避けたほうが良い言葉。読者がメルマガを開きたくなる件名の付け方。あなた自身や自社の製品・サービスを競合他社と差別化するための独自販売計画など。

 勘違いして欲しくないのは、売れるウェブコピーを書くことイコール、誇大広告を書くことではないということ。多くのウェブコピーは未だに古臭い広告同様に、説得ゲームになっている。見込み客にあなたの製品が最高であり、代金を支払うだけの価値があると信じこませようとするものばかり。ただ、露骨な詐欺やスパムメールがビジネスを中長期的に大きくすることは、まずない。

 本書「ウェブセールスコピーの法則」では誇大広告や、心理学的な説得術を倫理観を持って使うよう主張している。もちろんメルマガを配信する際には、受信者がメルマガを拒否したり、解除する選択肢を必ず与えるべき。そして、自信を持っている商品やサービスだからこそ返品保障をつけるべきだと。魅力的なウェブコピーを書く場合にも、企業や製品に関する事実を曲げず、見込み客に対して敬意を持って丁重に扱うこと。

 ネット販売に関する書籍の中で、あなたの本棚に置くのは「ウェブセールスコピーの法則」だけで十分。この本を手に取り、売れるウェブサイトを作り、運営する楽しみを味わって欲しい。「ウェブセールスコピーの法則」は、ウェブ上でモノを売ることが、いかに他媒体で販売することと違うのかを教えてくれる良書。

レビューをすべて見る ›


5人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★☆ マリア・ヴェローソが提供してくれたヒント全てを用いて、自社のウェブサイトを徹底的に改善するつもり。
2006/07/19 By M. Lange
レビュー対象商品: ウェブセールスコピーの法則

 「ウェブセールスコピーの法則」というこの本のタイトルがあなたの目に留まったなら、今すぐ手にとってみて欲しい。簡潔でよくまとまった、豊富な経験に裏付けられた実用的なウェブコピーライティングの本。私は、自社のパートナー先とともに、著者のマリア・ヴェローソが提供してくれたヒント全てを用いて、自社のウェブサイトを徹底的に見直してリニューアルするつもり。

レビューをすべて見る ›


11人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★☆ 優れたセールスレターを書くのに数時間とかからない。ありふれたテンプレートに当てはめなくてもいい。
2005/09/14 By melcasdo
レビュー対象商品: ウェブセールスコピーの法則

 数日前にこの本を手に入れたばかりだが、1日半で読了した。この本は200ページを超えるボリュームなのだが、素晴らしい本で、途中で止まることなく一気に読み込んでしまった。著者であるマリア・ヴェローソの本は今まで読んだことはなかった。……というのも、彼女はあくまで“狭義の意味でのインターネットビジネス”のスーパースターでしかないと思っていたから。この手の本を読んでも失望するだけだと思っていた。でも、今回、この本を読んで失望しなかったことに感謝している。

 数多くの代理店ビジネスを経営している人間として、私は自分自身のコピーライティングをスピードアップできるもの。あるいは優れたセールスコピーを書くための青写真を提供してくれる本を探していた。この本はまさに求めていた内容のものだった。

 恥ずかしい話だが、今まではひどいコピーを1ページ書き上げるだけで数日はかかっていた。今は優れたセールスレターを書き上げるのに数時間とかからない。もちろん、ありふれたコピーやテンプレートに当てはめる必要はない。ライバルと差別化したいと思うなら、著者のマリア・ヴェローソはあなた自身のスタイルを取りれたコピーが書けるプロセスを教えてくれる。 

 ウェブ上で商品はサービスを販売する際に学ぶべきことは、コピーだけではない。他にもたくさんある。要するにこの本は、単独で活用するというよりも他のインターネットマーケティングに関する様々な知識と併せて活用するべきだということ。だからこの本には星4つ評価にした。本書と併せてウェブマーケティングに関する様々な本を読み込むことで、よりこの本を有益に活用できるはず。購入してよかったと思っている。

レビューをすべて見る ›


4人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★☆ NLPや心理学を活用したセールスライティングでコンバージョン率を大きく改善するアイデアが紹介される。
2008/05/25 By Keith Adams
レビュー対象商品: ウェブセールスコピーの法則

 長年セールスコピーを書いている、熟練コピーライターですら、本書からは貴重な学びを数多く受け取ることと思う。著者のマリア・ヴェローソが「ウェブセールスコピーの法則」で伝えたいポイントは、とにかく“顧客についてもっと良く知るべき”というひと言に集約されると思う。

 ネットサーフィンをする人のほとんどは、まさに今、あなたから情報を求めようという心理状態にある。本書を読めば、あなたのウェブサイトにふと立ち寄ったユーザーの関心を惹きつけ、販売プロセスへと進んでもらうためのライティング術を学ぶことができる。

 私は本書の中で気に入っている点は以下のとおり。

1.著者のマリア・ヴェローソはウェブ上で大きな効果を発揮するウェブコピーを書くための青写真を教えてくれる。ウェブコピーライティングを始める前に、基本となるセールスレターの構成に使える5つの質問が有益だった。

2.NLP(神経言語プログラミング)や心理学を活用したライティングで見込み客をあなたのコピーに惹きつける。そうやってコンバージョン率を大きく改善するアイデアが紹介されている。

3.顧客があなたの製品を購入したらどのように生活が豊かになるのか。それを言葉で生き生きと表現する。よだれの出そうなブレッドが書ける簡単な公式がついている。

4.売上を上げる要素が、あなたのウェブコピーの中にどれほど多く含まれているかを判断するチェックリスト、トラブルが発生した場合の対処方法が有益だった。

 ウェブコピーライティングのテクニックを使って、より売上げアップをしたい人。あるいは、競合他社の中から一歩抜きん出るためにセールスコピーを活用したい方には本当におすすめの一冊。

レビューをすべて見る ›


4人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★☆ 自社のウェブサイトを運営しているが、自分自身のセールスコピーはずいぶんひどいものだと薄々感じてた。
2006/07/30 By T. Ryerson
レビュー対象商品: ウェブセールスコピーの法則

 私は自分自身のウェブサイトを運営しているが、自分自身のセールスコピーはずいぶんひどいものだと薄々感じていた。そんな時、ひらめきを求めてオンライン上で書籍を探している時に「ウェブセールスコピーの法則」に出会った。今考えれば、この本を選んだ私の選択は間違っていなかったように思う。私はあまりこの手のビジネス書籍を読むことはないが、この本は途中で読むのを止めるのが難しいほどに一気に読んでしまった。読了後から、私は自社サイトのウェブコピー改善にのりだしている。

 この本では、そのアイデアの多くがダイレクトマーケティング系販売サイト向けに書かれている。次回作では、その他のタイプの販売サイトについてももう少し言及されることを期待したい。ただ、総じて良書だったことは間違いない。素晴らしいウェブコピーを生み出したいと考えている人は誰でも、この本がおすすめ。

レビューをすべて見る ›

‹ 戻る | 1 2 3 4 5 6 7 | 次へ

ウェブセールスコピーの法則

商品詳細

2014-07-10 | Posted in 未分類Comments Closed 

関連記事