コンテンツマーケティング64の法則の評判/口コミ/感想について教えて下さい

マーケティング本 > ビジネス書 人気ランキング > コンテンツマーケティング64の法則 > コンテンツマーケティング64の法則の評判/口コミ/感想について教えて下さい

カスタマーレビュー1

    51レビュー       おすすめ度
星5つ:★★★★★(49)    ★★★★☆51件のカスタマーレビュー
星4つ:★★★★☆(2)     書籍名:コンテンツマーケティング64の法則
星3つ:★★★☆☆(0)
星2つ:★★☆☆☆(0)
星1つ:★☆☆☆☆(0)

※原書のレビューを紹介しています。

評価が高い有用性のあるレビュー      評価が低い有用性のあるレビュー

33人中、33人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。

★★★★★ ハウツー重視のコンテンツマーケティングのルール本。マーケターとライターのための良質なアドバイス。

20年に渡り、ライティングは私の仕事であり情熱でもあった。ただ、本書の著者であるアン・ハンドリーが冒頭に述べてるように、私も「もっとハウツーものがあればいいのに…」そう思っていた。アン・ハンドリーは本書の冒頭で「そもそも私がこの本を書こうと思ったのも、自分が欲しいと思う種類の本を見つけられなかったからだ。つまり、書き方ガイドでもあり、コンテンツ・マーケティングの優れたスポーツマンシップについてのルールブックでもあり、ブランドを代表してコンテンツ製作や管理をする人すべてのための、オールラウンドで信頼できるデスク上の友にもなる本だ」と言っている。そして…

投稿日: 2014/09/05 投稿者: PG

対

18人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。

★★★★☆ フォロワーたちが読みたいものを作り続けるテクニック。より優れた文章を書くことと、文法は別問題。

今さらコンテンツキング(コンテンツが王様)であることを改めて語る必要もないと思う。でも、理解しているつもりなのにそれを上手く活用することが出来ていないのであれば、今こそコンテンツマーケティング業界のクイーンであるアン・ハンドリーの話に耳を傾けるタイミングだと思う。彼女は小さなブログメディアから、巨大企業のコンテンツマーケティング戦略に至るまで、全てを治めてきた人物。著者の作品はいつも理解しやすく実行も簡単で、感情移入できる良書ばかり。アン・ハンドリーは意味の無い言葉をカットし、フォロワーたちが読みたいと思うものを作り続けるテクニックを20年…

投稿日: 2014/09/15 投稿者: Ryan

‹ 戻る | 1 2 3 4 5 6 | 次へ


33人中、33人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ ハウツー重視のコンテンツマーケティングのルール本。マーケターとライターのための良質なアドバイス。
2014/09/05 By PG
レビュー対象商品: コンテンツマーケティング64の法則

 20年に渡り、ライティングは私の仕事であり情熱でもあった。ただ、本書の著者であるアン・ハンドリーが冒頭に述べてるように、私も「もっとハウツーものがあればいいのに…」そう思っていた。

 アン・ハンドリーは本書の冒頭で「そもそも私がこの本を書こうと思ったのも、自分が欲しいと思う種類の本を見つけられなかったからだ。つまり、書き方ガイドでもあり、コンテンツ・マーケティングの優れたスポーツマンシップについてのルールブックでもあり、ブランドを代表してコンテンツ製作や管理をする人すべてのための、オールラウンドで信頼できるデスク上の友にもなる本だ」と言っている。そして著者は、ここで約束した以上の本を書き上げてくれた。

 著者の文章は楽しみながら読めるものであり、物事の本質を見抜いたものであるだけでなく、非常に実践的。そして、あなたの今後のライティングに非常に大きな影響力を与えるであろう公式「有益性✕インスピレーション✕共感=高品質コンテンツ」を教えてくれる。著者がこの本の中で述べている通り、掛け算の記号は重要。もし掛ける要素(有益性、インスピレーション、共感)のどれかひとつでもその価値がゼロなら、コンテンツの統計も大きなゼロになってしまう。

 簡単に本書の内容を要約すると

 Part1はライティングの法則について。私自身、この仕事をして長いということもあり、既に知っている内容がほとんどだった。ただそうでない人にはおそらく有益。ここでは、上手く文章を書くポイントだけでなく、あなたのコピーを大きく改善するための考え方も紹介されている。ライティングのアプローチ方法を知らない人向けの素晴らしいアドバイスが理解しやすく、また記憶に定着しやすい形で説明されている。

 また、「すべきこと」と「してはいけないこと」も多数紹介されている。あなたがすでに優れたライターであるなら、この章では誤った言葉の使い方をもう一度復習する良い機会になるかもしれない。あるいは、あなたがまだ望むだけの高いクオリティの文章を書けないのであれば、自分の言葉により大きな影響力を持たせるための方法をたくさん学ぶことができる。

 Part2ではストーリーの法則について。優れたストーリーを生み出すうえで、強力なアドバイスが紹介されている。

 Part3は出版の法則について。ここでも何をどのようにして書けばよいか、実践的なアドバイスが多数紹介されている。自分自身の著書や作品、ブログに他社の作品からの引用を適切に行う方法など、詳細なアドバイスが役立つだろう。個人的には「ニュースジャック 自らも含めて伝えることで、ニュースが生きてくる(法則37コンテンツの瞬間はあらゆるところにある)」が特に気に入ってるパート。陳腐な表現になってしまうが、あなたのブランドを実力以上のものに見せる面白いストーリーを書くこともできる(これも数ある法則の一つに過ぎないが)。

 Part4はコンテンツの法則について。個人的にはこのパートだけでも、この本代の10倍の価値があると思っている。マーケターが作成する13種類の様々なコンテンツに対して、ポイントごとに素晴らしいアドバイスが紹介されている。ブログ投稿、ツイート、メール、ヘッドライン、ホームページなどなど。マーケターであれば、誰もがこの章立ての各ページから新鮮で価値ある学びを得られるだろう。たとえあなたがどれほどのベテランライターだとしても、この章は繰り返し読み返す価値がある。

 そして、巻末のPart5には、ライターにとって間違いなく役立つと言える様々なツールやリソースが紹介されている。

 今日のマーケターやライターにとって役立つ(特にコンテンツマーケターにとっては有益で素晴らしい)リソースは世の中にたくさん存在する。これらのツールやリソースを上手く活用するだけでも、それらを知らない人々よりも優位に立つことができる。アン・ハンドリーの『コンテンツマーケティング64の法則』は、これまで私が見てきた中で最高に役立つ本と言える。

レビューをすべて見る ›


18人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★☆ フォロワーたちが読みたいものを作り続けるテクニック。より優れた文章を書くことと、文法は別問題。
2014/09/15 By Ryan
レビュー対象商品: コンテンツマーケティング64の法則

 今さらコンテンツキング(コンテンツが王様)であることを改めて語る必要もないと思う。でも、理解しているつもりなのにそれを上手く活用することが出来ていないのであれば、今こそコンテンツマーケティング業界のクイーンであるアン・ハンドリーの話に耳を傾けるタイミングだと思う。彼女は小さなブログメディアから、巨大企業のコンテンツマーケティング戦略に至るまで、全てを治めてきた人物。著者の作品はいつも理解しやすく実行も簡単で、感情移入できる良書ばかり。

 アン・ハンドリーは意味の無い言葉をカットし、フォロワーたちが読みたいと思うものを作り続けるテクニックを20年以上に渡り、私たちにシェアし続けてくれている。最新刊である『コンテンツマーケティング64の法則』もその姿勢は変わらない。読み始めたら、次のページが気になって仕方ないうえに、読んでいて非常にためになる内容となっている。また、ダラダラと文章を語るのではなく、章立てごとに簡潔で短くポイントをまとめてくれているのもありがたい。この手の類の本が苦手な読者であっても、本の内容に入りやすい構成になっていると言える。もっと上手く文章を書く方法。文法のルール。ストーリーの法則。出版の法則。マーケターが書くコンテンツのルールなどなど。興味深い内容ばかり。

 私たちは、ついその落とし穴にハマってしまいがちだが、より優れた文章を書くことと、文法は別問題。この辺りはこの本の至るところで紹介されているので、ぜひ参考にして欲しい。アン・ハンドリーはライティングに関して、有名な小説家のスティーブン・キングを度々引用しているが、この点に関しては私も共感する部分が多かった。ただ、構文の指導に関しては、若干の物足りなさを感じたので星4つ評価とする。もし、構文をより深堀りした本を探しているなら、スティーブン・ピンカーの「THE SENSE OF STYLE」を併せて読むことで、より理解が深まるかもしれない。

 私がこの本を手にとった理由はだた一つ。もっと良いコンテンツを作りたかったから。その点で著者のアン・ハンドリーは抜きん出た存在であり、本書『コンテンツマーケティング64の法則』では大半がその目的を達成してくれるものだった。そして、それら全ての要素を簡潔にまとめた公式が「有益性✕インスピレーション✕共感=高品質コンテンツ」というもの(要素のどれか一つでもゼロになってしまえば、コンテンツの価値もゼロになる点が興味深い)。

『コンテンツマーケティング64の法則』は素晴らしいリソースであり、今後も何度も参照して自分自身のコンテンツをより良いものにしていきたいと思っている。ハンドリーありとう。

レビューをすべて見る ›


11人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ コンテンツマーケターの中には何の付加価値も加えず名ばかりのキュレーションといって紹介する人もいる
2014/09/26 By Barca
レビュー対象商品: コンテンツマーケティング64の法則

 企業のCEOからブログライターに至るまで、自社ブランドを代表するようなコンテンツを作成している人間であれば全員がこの『コンテンツマーケティング64の法則』を机の上に置いておかなければならないと思う。これは4つの理由がある。

1.必要な答えが全て書かれている。
 コンテンツ作成者にとって、その答えが全て書かれているといっても過言ではない。実際、日々コンテンツを作成している人間は、毎日様々な疑問を抱えながらコンテンツを生み出そうとしている。これは大文字で書くべきか?能動態にするべきか?タイトルはどの程度の長さにすべきだろうか?このコンテンツは読者にとって魅力があるだろうか?などなど。

 私自身、こういった疑問に対する答えを探すためにGoogleで検索することもあるし、インターネット上で優れた事例がないか探し回ることもある。ウェブ上で上手く見つけることができなければ、近くに座っている人に相談することもある。もし、あなたが同じような壁にぶち当たったことがあるならば、ぜひアン・ハンドリーが書いた『コンテンツマーケティング64の法則』を読んで欲しい。この本にはそういったあらゆる疑問に対する答えが全て書かれている。文法上の問題を抱えている?ぜひ37章を読んで欲しい。ブログ投稿の理想的な長さを知りたい?それなら60章を参照すべき。とにかく何でも答えた見つかる。

2.学びを得ることができるが決して退屈ではない。
 私たちは皆、一度や二度はライティングに関する講義を受けたことがあるはず。それは高校の基礎作文のクラスかもしれないし、大学の上級ビジネスライティングの講義かもしれない。いずれにせよ、初歩のライティング教科書はどこかで見たことがあるはず。確かに適切な段落の使い方や文法、綴りなどのルールはこれらの講義やテキストからも学べるかもしれない。しかし、どれも退屈なものばかり。その点、『コンテンツマーケティング64の法則』は、これらの講義やテキストと同じ機能を持ち合わせながら、読んでいて全く退屈になることはない。大声で笑ってしまうほど面白い部分すらある。

3.付加価値を付け、自らも含めてコンテンツを伝えることを教えてくれる。
 コンテンツマーケティングをするマーケターの中には、何の付加価値も付け加えずにそれを名ばかりのキュレーションといって紹介する人もいる。しかし、著者のアン・ハンドリーはそんな方法をすすめない。たとえキュレーションであっても、特別な価値を付け加えたオリジナルとして提供すること。あるいは、 自らも含めて伝えることで、ニュースが生きてくる。収集した要素に背景や解説、人的な要素を加えること。これらの工夫やアドバイスは他のコンテンツマーケターと一線を画する重要なポイントとなる。

4.インスピレーションが湧いてくる。
 アン・ハンドリーは、紹介してくれるヒントやアドバイスそれぞれに、その戦術が実際に上手く言った事例を交えながら紹介してくれる。有名ブランドがどのようにその戦術を使ったのかなど、具体的な事例が数多く紹介されているのでインスピレーションが湧いてくる。

レビューをすべて見る ›


7人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ ライティングを毛嫌いしていても、この本はくつろぎながら学ぶことができるので安心して読んで欲しい。
2014/09/10 By Kerry
レビュー対象商品: コンテンツマーケティング64の法則

 ライティングは、もはや呼吸をするレベルで行うもの。誰にとっても必要不可欠な存在。私はMarketingProfs社で共に働く前から、著者のアン・ハンドリーの作品を数年間読み続けてきた。特に前作『お客が集まるオンラインコンテンツの作り方』は、私にとって非常に意味のある一冊だった。

 彼女の著作はいつもためになるものばかりで、そして笑ってしまうほど面白い。私は長年のあいだ彼女の作品を全て読んできたが、そのどれもが私に大きな学びを与えてくれた。

 もし、あなたがライティングを毛嫌いしていたとしても本書であればくつろぎながら学ぶことができるので安心して読んで欲しい。この本の中でアン・ハンドリーはライティングのプロセスや編集方法に関する詳細な説明を教えてくれるだけでなく、著者を常に励ましてくれる。

 この本は単なる文法書ではない。ライティングに役立つ情報や、ガイドライン、基本ルールを全て教えてくれる。光り輝きながら人々を惹きつける、そんなストーリーを数多く生み出してきた著者だからこそ教えられる様々な引き出しに、ついのめり込んでしまう。この本をぜひ手に取って欲しい。役立つだけでなく非常に楽しみながら読むことができる。

レビューをすべて見る ›


4人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ キラーコンテンツを書く方法の全て。マーケターでコンテンツ作成で生計を立てているなら、オススメの本
2015/01/29 By Gary
レビュー対象商品: コンテンツマーケティング64の法則

 仮にマーケティングにおけるキラーコンテンツを書く方法の全てを学ぶ時間が2日間あるとして、そのテキストブックやガイドラインを一つしか選べないとすれば、まず間違いなくアン・ハンドリーが書いた『コンテンツマーケティング64の法則』を手に取るべきだろう。

 本書『コンテンツマーケティング64の法則』はアン・ハンドリーとC・C・チャップマンの共著でニューヨークタイムズ紙のベストセラーに選ばれた『お客が集まるオンラインコンテンツの作り方』に続く第2作。本書の著者であるアン・ハンドリーは人材教育や教育研修で有名なMarketingProfs社のチーフコンテンツオフィサーでもある。

 私はアン・ハンドリー作品の大ファンで、数年前に修士論文を書くための資料として初めて著者の処女作を読んだ。また、コンテンツ戦略会議で著者自身が素晴らしい話をしている場面にも立ち会うことができた。

 そんな私から、贔屓目なしで客観的な判断として言えることは、本書は確実にあなたの必読本リストに入るということ。あなたがマーケターでコンテンツ作成で生計を立てているなら、この本を読む義務があるということ。アン・ハンドリーが本書の中で平凡なコンテンツに戦いを挑む様子に、つい夢中になってしまうだろう。

 ストーリーを上手に語り、マーケティングにおけるキラーコンテンツを書きたいと思うなら今すぐ本書を手にとるべき。オススメ。

レビューをすべて見る ›


3人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ 仕事柄、様々なライティング関連書籍を読み漁ってきた。この本は素晴らしい内容で実践的、かつ面白い。
2014/10/24 By Waldow
レビュー対象商品: コンテンツマーケティング64の法則

 私は生まれてこの方、39年間のあいだに膨大な量のライティングをしてきた。著書を1冊。何百ものブログ投稿や記事作成、何千ものソーシャルメディア更新、何10万通というEメール、その他様々な書き物をしてきた。生涯で書いてきた言葉を全て合わせれば、おそらく小説30冊分にはなるんじゃないだろうか。

 そんな私から言えることは、このアン・ハンドリーの最新刊『コンテンツマーケティング64の法則』を、ぜひ高校生の時に読んでおきたかったということ。仕事柄それこそ様々なライティング関連書籍も読み漁ってきたが、こんな風に思うのはこの本が初めてのことだった。

 素晴らしい内容だし、何よりも実践的でかつ面白い。ウィットにも富んでいる。よくまとっているし、本当に驚くような良書。

レビューをすべて見る ›


2人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ ライティングは最も重要なスキル。自分自身のライティング方法の改善は重要なスキルアップを意味する。
2014/10/24 By Rohit
レビュー対象商品: コンテンツマーケティング64の法則

 英文学修士をとり、今までに5冊の本を書いた私が「もともとは物を書くのが嫌いだった」そんなことを言ったら奇妙に思われるかもしれない。

 でも、私たちの学校教育の大半は、全く興味の持てないテーマを読み込み、調べ、それに対して何か物を書くことを強制される。これでは物を書くのが嫌いになってしまうのも無理がないと思う。また、こういった背景からライティングに対してネガティブなイメージを持つ人も多いように思う。

 しかし、今日のブログやツイート、Eメールなどが溢れるビジネスの世界において、ライティングは最も重要なスキルの一つでもあるのも事実。たとえあなたがどんなジャンルのビジネスをしていようとも、自分自身のライティング方法を改善することはとても重要なスキルアップを意味する。

 そして、あなたのライティングスキル改善の手助けをしてくれる人の中で、本書の著者であるアン・ハンドリーほど適任な人物はいない。

 私は個人的に著者のことを良く知っているし、長年のあいだ作品も読ませてもらっている。著者のことを良き友人とも思っている。著者アン・ハンドリーのライティングスタイルは、常に楽しく読めるだけではない。実際に読者のライティング能力を高めてくれる方法やレッスンが数多く紹介されている点を評価したい。たとえあなたが何から手を付けていいかわからないとしても。

レビューをすべて見る ›


2人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ 将来役立つスキルは何か?と聞かれれば間違いなく優れたライティング能力を身につけることだと伝える。
2015/01/02 By Tony
レビュー対象商品: コンテンツマーケティング64の法則

 メディアでは長年、先進国と途上国における子どもたちの学習スキルや運動スキルの差を発表し、警鐘を鳴らしている。でも、こういった報道は大切なことも見逃していると思う。というのも、単純な学校教育だけでなく、ライティングのスキルやストーリーを語るスキルというのも、ビジネスの世界では評価に値すべきスキルだから。ストーリーを生み出すクリエイティブな力や、書くことによるコミュニケーションの力を、より重要視すべきだし、もっと評価すべきだと思う。

 もし、私が自分の子どもに「将来役立つスキルは何か?」と聞かれれば、まず間違いなく優れたライティング能力を身につけることだと伝える。もし、その能力を身につけることができれば、生涯にわたって優位に立てるとアドバイスする。

 同様に本書『コンテンツマーケティング64の法則』を購入して、あなた自身のライティング方法を改善すれば、あなたも同僚や同業界の中でも優位に立てるだろう。この本ではライティングスキルを高めるだけでなく、高めたそのスキルを維持する方法も教えてくれる。

 著者アン・ハンドリーの簡潔明瞭で楽しめる文章のおかげで、美味しいコーヒーやキンキンに冷えたビールを飲みながら和気あいあいと会話を楽しむようにして素晴らしいライティングテクニックやストーリーの語り方を学ぶことができる。著者の知識と才能と、熱い想いから大きな恩恵を受けることができることをここに保障する。

レビューをすべて見る ›


2人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ 役立たないマーケティングコピーを全部書き直した。その労力に見合うだけの成果も手にすることができた
2015/04/10 By Michael
レビュー対象商品: コンテンツマーケティング64の法則

 私は元来ものを書くことがあまり好きではない。何を書こうとしてもうんざりするし、イライラもしてしまう。でも、アン・ハンドリーが書いたこの本はそんな私にとっても読みやすいものだった。初めの数ページから内容としても面白く、ついつい次のページをめくってしまう。そんな本を書く著者がライティングやストーリーの語り方について教えてくれるわけだから説得力もある。

 本書に登場する様々な事例は、読者にライティングへの情熱を吹き込んでくれるものでもある。より優れたライターになりたいなら、実践的で使えるヒントに山ほど出会うことができる。

 アン・ハンドリーのこの本を読んでから、私は自らの役立たないマーケティングのコピーを全部書き直した。もちろん、その労力に見合うだけの自慢できるだけの成果も手にすることができた。実際、自らのコピーを書き直しながら目に見える成果を手にするのはとても楽しいプロセスだった。

 今までそんなことを口が裂けても言えなかったが、今では自分自身をれっきとしたライターだと言える。適切な知識を備え、文章を書く能力を手にすることができた。思っても見なかったが、全て本書のおかげ。本当にアン・ハンドリーに感謝している。

レビューをすべて見る ›


2人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ 誰もが素晴らしいストーリーやコンテンツを書き上げる方法。ライティング能力を高める秘訣や改善方法。
2014/09/22 By Michael
レビュー対象商品: コンテンツマーケティング64の法則

 オンラインでもオフラインでも誰もがソーシャルネットワーク上に友人を持ち、過剰な情報を共有したり、死ぬほどうんざりする体験も経験している。そして、そんなソーシャル時代において、顧客や友人をつなぎとめたり、新たなビジネスで勝利するためには、ソーシャルを制するようなコンテンツの作成が重要になる(もはやこんなことを言わなくても誰しもその必要性は理解していると思うが)。

 オンラインコンテンツについて考察した最も信頼ある良書『お客が集まるオンラインコンテンツの作り方』を出した後、読者に対して「どうすればこの本の通り実践することができるか?」その方法を理解してもらうために、再び著者であるアン・ハンドリーが戻ってきてくれた。

 アン・ハンドリーはライティングというものが、その方法を教わったジャーナリストのものだけであるという通説を打ち壊し、誰もが素晴らしいストーリーやコンテンツを書き上げることができる方法を教えてくれる。

 この本はどんなジャンル、どんな規模のビジネスにとっても非常に意味のあるものであり、読者全員を素晴らしいライターにしてくれる。ライティング能力を高める秘訣や具体的な改善方法を手にしたいのであれば、この本は本当にオススメ。

レビューをすべて見る ›

‹ 戻る | 1 2 3 4 5 6 | 次へ

コンテンツマーケティング64の法則

商品詳細

2015-04-27 | Posted in 未分類No Comments » 

関連記事