説得の心理技術

マーケティング本 > ビジネス書 人気ランキング > 説得の心理技術

説得の心理技術_0

説得の心理技術

欲しい結果が手に入る「影響力」の作り方(デイブ・ラクハニ著)

Persuasion: The Art of Getting What You Want

(90日間返品保証付・通常配送無料)

※原書のレビューを紹介しています。
『説得の心理技術』のカスタマーレビュー一覧はこちらから。 ›

真っ裸の私を一文なしの状態で放り出してみてほしい。

 真っ裸になった私を一文なしの状態でアメリカのどこかの町に放り出してみてほしい。私はその日のうちに衣服、食料、宿泊場所、収入を得る手段、支えてくれる仲間、再起するために必要な現金を入手しているだろう。一体なぜか?私は他者を説得し、私の望みどおりに動くことが双方のためになり、双方の目標を達成するために必要なことだと納得させる方法を知っているからだ。

説得の心理技術1

人と人の相互関係ほぼ全てに「説得」が含まれている。

 人と人の相互関係を構成するほぼすべての要素に「説得」がある程度含まれている。特に営業販売、コピーライティング、交渉、宣伝広告、メディアに関わる部分には多く含まれている。

 これまでに多くの学者、哲学者、科学者たちが説得のプロセスを研究してきたが、全貌を的確にとらえた者はほとんどいない。彼らは、説得とは生き残るために必要な根源的要素であるという考えを否定している。説得とは必要に応じて利用されるプロセスだという視点から分析しており、説得は状況に応じて選択されるツールではないという点を理解していないのだ。

 説得とは人が生き残る必要に迫られて利用するものである。いかにうまく自分や周囲の人々を説得できるか、そして自分はどうやって他者から説得されるのか。説得とは、人生の真髄そのものなのだ。

これまでの説得術、営業販売術、交渉術の本とは別物。

 本書は、私が24年前から続けている説得プロセスに関する研究をまとめたものである。本書でお伝えするのは、人に対する説得、メディアや広告宣伝を通した説得、営業販売における説得がそれぞれ作用するプロセス、そして、自分の望みどおりの結果を得るために説得力やカリスマ性、他者に影響力を及ぼす能力を磨く具体的な方法である。

 さらに、説得プロセスを日常生活に取り入れ、効果的かつ無意識のうちに他者に影響力を及ぼす方法も紹介する。あなたは話す。歩くといった日常的な動作と同じくらい自然に説得術を駆使できるようになるはずだ。

 本書はあなたがこれまでに読んできた説得術、営業販売術、交渉術に関する書籍とは別物であり、あらゆる点が大きく異なっている。本書のねらいは、人が決断を下す理由を科学的に分析することではないし、人を変えるための心理学的方法論を紹介することでもない。

真の関心事は、時間をかけずにどう説得するかのみだ。

 まずは最初のセクションで、他者を説得する行為と操作する行為の違いを具体的に説明する。そして次のセクションでは、時間をかけずに他者を説得する際のポイントと求められる要素を紹介する。

 私の真の関心事は(あなたも同じだと思うが)、「時間をかけずにどう説得するか」という一点のみにある。本書ではそれを最善の方法で紹介するため、時間をかけない説得に求められる各要素の概要、時間をかけずに説得することが重要である理由を簡単に説明してから、効果的な実践方法を掘り下げていく。難解な参考資料を多数挙げて煩わせないように、あなたが成功するために最適な資料だけを厳選してお伝えする。

 そして最終セクションで、すべてをまとめて作成した「説得の方程式™」を紹介する。これは時間をかけずにすばやく説得するための実践的フォーマットである。

説得の心理技術2

危険かつ素晴らしいと評価される「説得の方程式」。

 このセクションは私のセミナーや講演会に参加してくれた方々から「危険かつ素晴らしい」と評価されている。「説得の方程式」は極めてシンプルなもので、要は本書で学んだすべてのテクニックーー他者を自分の味方につける、あるいは他者に自分の望みどおりに動いてもらうーーの利用方法である。

 このプログラムはシンプルなところが「素晴らしい」と評されており、また、他者を操作する方法とまったく同じプロセスを用いているところが「危険」と評される所以(ゆえん)である。説得か操作かを最終的に決定づけるものはあなたの意思だ。あなたが他者を操作しようと決めた場合、それが適切な行為になるかどうかはあなた自身にかかっている。つまり、説得か操作かについて決断を下せる者はあなただけということである。

 仕事で誰かを説得しなければならない場合であっても、誰かをデートに誘いたいだけであっても、本書で紹介するプロセスがピタリとあてはまり効果を発揮する。これは興味深いことではないだろうか。

 本書ではあなたにとって利用価値が高いであろう文書、交渉、宣伝広告、営業販売などの各分野について深く掘り下げている。ビジネスで生じるさまざまな場面で誰かを説得する際や、それぞれの分野で能力を高めるために説得プロセスを使用する方法を紹介していく。

カルト教団はこうして人々を説得し支配した。

 私はいささか特殊な事情から、説得に関する研究を始めた。私の母親は聡明なシングルマザーで、私と兄弟を最善の環境で育てようと尽くしてくれた。十分な教育を受け、創造力と話術と意欲を備えた母親が家族のためによりよい人生を探し求めた結果……、子どもたちをカルト宗教施設で育てるという決断に至ったのだ。

 それと説得の研究がどうつながるのかを説明する前に、このユニークなカルト宗教について少しだけ語らせてほしい。このカルト宗教こそが、説得、操作、影響力について徹底的に研究し始めるきっかけを与えてくれたものだから。

 私の家族が所属していたのは正統派のキリスト教原理主義教団ではなく、むしろ対照的な宗教だった。「神は救世主である」という原理的信仰はあったものの、伝統的な宗教との類似点はそこで途切れていた。女性は子どもを産み育て、家事と夫の世話をする以外ほとんど社会的価値のない存在だと信じられていた。

TVやラジオがなく、あらゆることが禁じられていた。

 子どもに教育を受けさせることは好ましくないとされ、男の子は長くても8年生で学校教育を終えねばならず、女の子の場合は6年生か7年生で学校を辞め、州法で定められた年数を満たすため残りの期間をホームスクールで学ぶことが多かった。テレビやラジオがなく、ダンスパーティーや教会以外の場所でデートをすることもなく、離婚は禁止されていた。女性は髪を切ること、化粧をすること、男性用の衣服(特にズボン)を身に着けることを禁じられ、男性は頭髪を非常に短く切りヒゲをきれいにそり落とし、一家の大黒柱になることが求められていた。

 厳格な礼拝が毎週火曜、木曜、隔週日曜に行われ、金曜の夜に祈祷会が開かれることも頻繁にあった。礼拝には天罰を意味する火と硫黄らしきものが使われ、3時間以上続くことも珍しくなかった。私語を交わすことや体を動かすこと、教会の中を自由に歩き回ることは許されなかった。聖職者よって厳しく監視され、ルールに従わない幼児は(退屈してぐずりだした場合でも)直ちに教会の奥へ連れて行かれて、両親がすぐに叱らなければそこで罰せされた。むちが振るわれ、子どもだからという理由で手加減されることはなかった。

説得の心理技術3

この状況から大抵の悪魔なら逃げ出していたはずだ。

 当時、その施設でひどい被害を受けたのが私の弟だった。弟は今の言葉でいう「注意欠陥障害児」で、今であれば非常に高いIQの持ち主と判断される子どもだった。

 しかし教会の指導者は弟の中に「悪魔が潜んでいる」と考え、その悪魔を追い出すための手段として弟を定期的にむち打ちした。私は弟の中にいる悪魔の強靭さにたびたび驚嘆させられたものだった。どんな厳しいむち打ちや体罰を加えられても、出て行く気配をまったく見せなかったからだ(私は2人の兄弟を心から尊敬しており、あの忍耐力と生命力の強さには畏怖の念すら感じている。命を落とすことはないにせよ人生を破壊されかねない環境から抜け出し、一般社会に適応して成功を収めたのだから)。厳しいむち打ちは定期的に行われ、弟がまともに歩けなくなることもたびたびあった。大抵の悪魔なら逃げ出していたはずだ。

聡明で創造力のある人が簡単に洗脳される理由。

 あなたもご存知かと思うが、「聖書を信じる者(終末論者ウィリアム・ブランハムの信奉者たち)」にとって、悪魔を追い出すことは重大事だ。彼らは近い将来キリストが天から再臨し、「聖書を信じる者」だけが空中に舞い上がり神の国へと近づくことができる日が来ると信じている。

 地上に残された人々は苦難に遭い、それがキリストの復活の日まで続く。このとき死者がよみがえり、「ヨハネの黙示録」に書かれている出来事が現実となり、地上に残された人々の大半が火の海に追いやられるのだ。

 非現実的と言っていいかもしれない。私がまとめたダイジェスト版にさえ明らかな論理的問題が見られるくらいなのだから。成長するにつれ私が最も驚くようになったのは、多くの人々が何の疑問も抱かずこの物語を信じていたことだった。

財産を喜んで差し出し組織的布教活動に励んでしまう。

 なかには、特に問題のない家庭に育ち十分な教育を受けた人々が多く含まれていた。彼らは教祖(規則の大半が適用対象外とされた人物)や教会をサポートするため所有財産を喜んで差し出し、組織的な布教活動に励んでいた。言葉巧みに新しい信者を引き寄せ、彼らを完全に洗脳していたのだ。

 私は7歳から16歳になるまでこの教会に所属し、16歳のときに決心を固めた。学校教育をきちんと受け、家族を新たな問題に巻き込まないためには、自分がこの教会から出て行かねばならないと。教会を出て行くなら、家族とも別れなければならない。16歳の誕生日を迎えた直後、私は母と教会に自分の意思を伝えた。

 簡潔にまとめると、私は破門宣告を受けた。彼らは神に祈り「あなたは彼の魂を悪魔に売り渡し、彼の肉体を破壊させるだろう。そうすれば彼は過ちに気づき、悔い改めて教会へ戻ってくるだろう」と唱えていた(その祈りが通じたのではないかと思うことがこれまでに何度かあったことは、苦笑い混じりに認めざるを得ない)。

説得の心理技術4

人をカルト宗教に引きつける正体を研究をし始めた。

 翌日、私は家を出てある場所に引きこもった。私の心を慰め、疑問ではちきれそうだった私の頭に尽きることのない情報を与えてくれる場所……。図書館だ。そこで、人をカルト宗教に引きつけるものの正体を突き止めるべく研究を始めた。

 特に知りたかったのは、私の母のように聡明で創造力のある素晴らしい人が「自分の持っている知識や常識は誤りだ」と信じこまされ、出会ったばかりの人々の言うことが正しいと洗脳されてしまう理由。それに、家族で生きていく環境としてもっと現代的で健全で素晴らしい場所があると母を説得する方法だった。

ある意味熱狂的な得意客を獲得する方法を紹介する。

 私たち家族の経験は、説得でなく操作のひとつに分類するのがふさわしい。本書はカルト宗教を語るものではないが、ある意味熱狂的ともいえる得意客を獲得する方法を紹介している。それは永続的な人間関係を築き得ない非建設的(ネガティブ)な操作という手段を用いたものではないが、本書では他者を操作する方法も提示している。操作事例がどのようにして起きるのか、他者に操作されないためにどうすべきかを説明するため、そして、あなたが操作行為に手を染めないよう念を押すためだ。

 操作については第一章で取り上げ、操作事例が起きる経緯、短期間ながら操作が効力を発揮する理由などを説明している。操作には「効果的な説得」という側面が多く含まれているが、そこには微妙な違いがあり、その違いが操作と説得を明確に区別している。結論から言うと操作は必ず失敗するが、本物の説得は永続的な効果をもたらす。

望みどおりの結果を手にする最高の戦略を記した1冊。

 本書は、自分の望みどおりの結果を手に入れるために説得術を活用する方法を記した1冊である。自分の望みどおりの結果を手に入れるプロセスでは「相手が求めているものを入手する手助けができるエキスパートとして自分をポジショニングする必要がある。これこそが説得術の最高形態だ。

 本書に記されているのは、カルト教会から解放されたのちに私が発見した事柄である。相手の考え方を変えさせ、全員が「win-win」の関係になれる状況をつくり、自分の望みどおりの結果を手に入れるための戦略や作戦について私が学んだ知識を利用すれば、あなたは人生で望むものすべてを迅速かつ簡単に手に入れることができるはずだ。

話すのはカルト教祖が人心を巧みに操る戦略ではない。

 私が伝授する戦略はカルト教祖が人心を巧みに操る戦略とは別物であり、人生に望むものをもっと多く手にするために活用できる倫理規範にかなったパターン、プロセス、戦法である。成功するために欠かせない説得がどのように構成されているのか理解するだけで、あなたが成功するチャンスは確実に増える。

 本物の説得の土台となるのは真実、実直さ、探究心、話術、説得したい相手が設けている基準を見極めて彼らの要望に応じられるようなプロセスを導き出す能力である。

 このほかにも、人が操作に引きずり込まれるプロセス、操作が悪いもので効果が長続きしない理由、建設的(ポジティブ)かつ非常にパワフルな説得ツールの使用方法を説明する。これらのツールを用いると瞬時に人の考えを変えさせ、自分が望むとおりの方向に他者を導くことができる。その結果、あなたは私と同じように、人生で望むものを手に入れることができるのだ。

説得の心理技術5

私の収入額は全米で上位3~5%の間で安定している。

 論理規範に反さず説得する方法を学んだおかげで、私は他者だけでなく自分自身をも迅速かつ効果的に説得させる術を習得し、その結果、これまで自分に課してきた大きな目標をすべて達成することができた。その過程で、自分の説得した相手が各々の目標を達成できるように手助けもしてきた。

 私の収入額は全米で上位3~5パーセントの間で安定している。私は「最高の仕事」と「精神状態を最高レベルに引き上げる方法」「(あなたのような)共に学び支えてくれる最高の人々と知り合える環境」を手に入れることができた。これまで生きてきた約40年の間に、大抵の人々が生涯で成し遂げるよりも多くの事柄を達成してきた。そしてあなたと同様に、まだやるべきことを山のように抱えている。

決断は本当に正しかったか、疑念を払拭できなかった。

 私の母は最終的に教義の誤りに気づき、私が家族と別れた3年後に教会を離れた。だが、彼らが及ぼす力と影響力たるや絶大なもので、母は死の床についたあとも「教会を離れたことは大きな過ちだったのではないか」と自問を繰り返していた。

 1999年に母が亡くなると、私は深く熟考するようになった。母は自分と教会を長い間、結びつけていた教義の誤りに気づいたあとでさえも「自分の決断は本当に正しかったのか」という疑念を払拭することができなかった。

 その原因は一体、何なのか。長い間、考え続けていた私は、この件をビジネスに置き換えて考え始めるようになった。

顧客はそれが正しい決断だったかどうか自問し続ける。

 その結果、こんな疑問が浮かんできた。「得意先との取引を終えることを決めた顧客もまた、『これは人生第代の過ちなのか』と思い悩むのだろうか?」

 本書では熱狂的な得意客を獲得する方法を紹介しているが、この方法で獲得した顧客が万一あなたとの取引を終えた場合、彼らはそれが正しい決断だったかどうか自問し続けるはずだ。顧客側のこのような懸念と、顧客のためベストを尽くすあなたの職業意識の高さが一体になったときに、顧客は戻ってくるーーあるいは、顧客の多くがあなたとの取引を終えようとは考えなくなるのだ。信念に対する未練や執着は強い影響力を及ぼすものだが、これについてはのちほど詳しく説明する。

人生でもっとよい「何か」を手に入れたいと思う人へ。

 人生でもっと多くのものを手に入れたいと思ったことがある人、昇進したい、もっと条件のよい職場に転職したい人、売り上げを伸ばしたい人、もっとよい条件で取引をしたい人、もっとよい「何か」を、完璧なパートナーを、よりよい人生を求めている人。私はそんなあなたに「インサイダー」や「生まれついてのセールスパーソン」について、真の説得者たちが知っている事柄を伝授するつもりだ。自分が欲しいものをいつでも手に入れられる方法を紹介するつもりだ。私が過去に犯した失敗をあなたがどう避けるべきか提案し、要領よく学んでもらうつもりだ。

 あなたがよろしければ、本書を手にとって頂き、そのページの中で指導を行なう。新しいスキルの世界へ導きたいと思う。そのスキルはあなたの両親も知らないものだが、親から子へ伝えるべきものである。学校では教えてくれないし、常識的な企業ならまず社内で話し合われることもないだろう。だがこれは、人生で必ず役に立つスキルなのだ。それではあなたが説得ーー望みどおりの結果を手にれ入れる方法を習得する方法を紹介しよう。

(90日間返品保証付・通常配送無料)

目次・章立て。

謝辞 ………1

まえがき Foreword by ジェフリー・ギトマー
生まれながらに持つ能力 ………2
人生で最も必要なスキル ………3

はじめに Preface by デイブ・ラクハニ
説得とは無意識に他者に影響力を与える能力 ………16
カルト教団はこうして人々を説得し支配した ………18
聡明で創造力のある人が簡単に洗脳される理由 …20
望みどおりの結果を手に入れる最高の戦略 ………22
学校で教えてくれない仕事に役立つスキル ………24

Chapter1 操作
人を欺く「操作」と説得は似て非なるもの ………29
操作の4条件を満たせば誰でも簡単に洗脳できる…31
疑惑を解決してもらうと人は操作者に操られる …36
プロが実践している人を操作する9つの方法 ………38

Chapter2 説得
正しい説得とはまるでオーケストラの演奏 ………43
最高の説得者は上手に「ペルソナ」をつくる ………44
日々の実践を通じて最高レベルに改善される ………45

Chapter3 ペルソナ 目に見えない説得者
人間は一瞬で相手を敵/味方に選別する ………49
説得力を身につけるペルソナの3つの要素 ………50
外見とプロフィールを相手の理想に近づける ………53
顧客より1ランク上の服装で商談に臨む理由 ………56
あなただけに教える成功する勝負服の選び方 ………57
ライバルに差をつける発声法と話し方のスキル………59
突然、人前で話すときの正しい対処法はこれだ!…63
プレゼンテーターとしてのブッシュとクリントン…65
ポジショニングこそプレゼンテーションの要 ………67
立ち居振る舞い、しぐさもあなたのポジショニング ………69

Chapter4 パワーと信頼性の移行
有名人の推薦はあなたに信用と説得力を与える………76
パワーと信頼性の移行①顧客の紹介と強力な推薦…78
パワーと信頼性の移行②口コミとメディアの報道…80

Chapter5 ストーリーを語る
ストーリーで相手を見たこともない世界に誘う………86
物語が持つパワーは事実より顧客を動かす ………88
優れた物語だけが人を行動に促す ………91
説得力あるストーリーを語る3つのステップ ………93
相手が気づきにくい点をストーリーで説明する………98
説得力ある文章を書くならよいストーリーをつくる ………101
マスメディアを通してストーリーを語る方法 ………103
説得に本当に必要なのは「3つのストーリー」………106

Chapter6 グルダム
「エキスパート」こそビジネスの最高の説得者…111
顧客に信頼される店員、信頼されない店員の違い ………112
こんな簡単な方法で今からあなたもグルになれる! ………114
30 日間で世間に認められるエキスパートになる方法 ………116
本を執筆する、またはオーディオブックをつくる ………121
自分のラジオ番組を持ってメディアの司会者になる ………124
ブログという最強の媒体をこうして有効活用する ………125
こうすれば検索エンジンであなたが上位表示される ………127

Chapter7 信じたいという欲望
信念とは事実に基づかない根拠に支えられているもの ………132
よき説得者は相手の信念を最大限利用する ………134
人は信じたものを最後まで信じたい欲望を持つ…136
人が好き嫌いを決める選択的知覚パターン ………138
相手に解決策を提示して解放感を感じさせる ………139
信念が形成/変化する7段階のステップ ………142

Chapter8 親近感
説得したい相手には親近感をうまく演出する ………148
相手との良好な関係は85 パーセントの距離感…150
会う前に相手の情報をグーグルで検索する ………152
相手に親近感を抱かせる極めてシンプルな質問…154

Chapter9 排他性と入手の可能性
なぜインナーサークルにわれ先に入りたがるのか? ………158
排他性がメンバー間の結束と魅力を高める ………160
「排他性」の論理をビジネスに応用する ………162
入手の可能性を制限して顧客の購買意欲を促す…164
会いたい人のアポを取る究極のテクニック ………167

Chapter10 好奇心
セールス不調の原因は好奇心を引き出せないこと ………171
相手の好奇心をかきたて考えさせる重要な質問 …172
質問と情報操作で相手を信じ込ませる ………175
人間が説得されやすいのは好奇心を抱いているとき ………177

Chapter11 関連性
顧客が判断を決めるタイミングを見極める ………181
相手に興味を持ってもらう「最善」と「最悪」の方法 ………183

Chapter12 許可を与える
顧客に許可を与えればビジネスは必ずうまくいく ………190
「許可を与える」ことの重要性とそのメリット …192
無料のお試しは相手に許可を与える高等戦略 ………194
仮定の許可を出して相手をその気にさせる ………195
相手に保証することで心をコントロールする ………198

Chapter13 すばやく説得できるツール
他人に同調する心理を利用して相手を説得する………202
社会的マッチングの6つの成功ポイント ………204
私だけが実践している有名人のサイン活用法 ………209
損をしても必ず得する正しい譲歩のやり方 ………212

Chapter14 説得の方程式
「説得者」と「操作者」の決定的な違いはどこにある ………217
相手を必ず説得する影響力の3ステップ ………218
プレゼンの達人が教えるラポールを築く自己紹介 ………221
ストーリーを効果的に相手に伝えるポイント ………223
言葉より見た目や動きで相手はあなたを判断する ………224
影響力は説得プロセスの最難関のステップ ………227
小さなステップを設定して大きくコミットさせる ………230

Chapter15 説得力を営業販売に生かす方法
顧客を説得しないあなたは典型的なダメ営業マン ………235
顧客に買ってもらうための説得の5つのプロセス ………238
適切な「見込み客」はこうすれば見極められる…239
用意したストーリーを顧客に語るだけでいい ………241
顧客に決断を促すため説得プロセスを繰り返す…245

Chapter16 説得力ある宣伝広告を制作する方法
コピーライターも知らない広告に効果をもたらすコツ ………250
利益につながる説得力ある宣伝広告をつくる方法 ………251
あなたの会社オリジナルのストーリーをつくり上げる ………255
あなたの会社の強みを引き出す17 の質問 ………258
見る人の興味に割り込む説得力ある宣伝広告 ………260
私だけが知っている優れた広告制作の秘訣 ………262
完成した宣伝広告の効果を正確に評価する ………264

Chapter17 説得力ある交渉術
なぜビジネスパーソンは交渉を苦手に感じるのか ………269
交渉はギブアンドテイク 一方的な譲歩はあり得ない ………270
先に譲歩することで相手の合意を得る ………272
交渉を成立させる7つの説得ステップ ………274

Chapter18 電子通信技術を利用して説得する方法
あなたのホームページに説得力を与える4条件…280
今すぐホームページに載せるべきコンテンツ ………282
見込み客を直接説得するインフォマーシャル活用法 ………286
自分だけのラジオ番組ポッドキャスト攻略法 ………287

Chapter19 説得術の習得
説得とは望みどおりの結果を手に入れるスキル…292
説得を結果につなげる6つの大切な教義 ………294
説得術を習得したら、進むべき次のステップ ………297

推薦図書 ………300
著者について ………302

(90日間返品保証付・通常配送無料)

90日間保証

 まずは、今日、この商品を試してみてください。 そして、この中のたくさんのテクニックを試してみてみてください。

 そうすれば、今まで以上の売上アップが期待できることでしょう。もし、この商品を試してみて、気に入らないようでしたら、どんな理由があろうと、購入日より90日間以内に、商品を返品してくれれば、代金は全額お返しいたします。

著者紹介。

 デイブ・ラクハニ

 全米屈指の「説得術」のエキスパート。世界初のビジネスアクセラレーション・ストラテジー企業「ボールド・アプローチ」社長。7歳から母と弟と共にカルト教団で過ごすが、教団に疑問を感じ、学校教育を求めて、16歳のときに1人で脱会。学業のかたわらで、洗脳や心理学、カルト教団の心理操作などについて独学。その後、NLPの創始者リチャード・バンドラーに師事、以来、20年以上にわたって「影響力」についての研究を続ける。

 起業家としても成功し、20年間に10以上のビジネスに成功させた。現在は、世界各国の企業に対して、セールス、マーケティング、パブリシティを指導して急成長を実現させるほか、IBM、米国陸軍、マイクロン、GEなどの米国有数の企業を始めとした世界各国の企業や業界団体で講演を行うなど、精力的に活躍中。「ウォールストリートジャーナル」「アントレプレナー」「セリング・パワー」ほか大手新聞、雑誌を始めとしたメディアでも活躍している。

(90日間返品保証付・通常配送無料)

※原書のレビューを紹介しています。
『説得の心理技術』のカスタマーレビュー一覧はこちらから。 ›


2014-06-18 | Posted in 未分類No Comments » 

関連記事