富裕層は専門知識や深い人間関係を求める。自分自身を理解されたい。特別扱いされ、大事にもされたい。

マーケティング本 > ビジネス書 人気ランキング > 富裕層マーケティング仁義なき戦略 > 富裕層は専門知識や深い人間関係を求める。自分自身を理解されたい。特別扱いされ、大事にもされたい。

カスタマーレビュー

富裕層は専門知識や深い人間関係を求める。自分自身を理解されたい。特別扱いされ、大事にもされたい。

62人中、60人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ 富裕層は専門知識や深い人間関係を求める。自分自身を理解されたい。特別扱いされ、大事にもされたい。
2008/07/23 By John Chancellor
レビュー対象商品: 富裕層マーケティング仁義なき戦略

 この本における一番重要なメッセージというのは、際限なく購買行動を続け、物を消費し続けるマス富裕層、富裕層、ウルトラ富裕層の数が増加しているということ。こうした富裕層の人間にとって、購買を決定する一番の要因は価格ではない。購買力のある彼らが何をもって商品やサービスを買うと決断するのか。CtoCや一般消費者向けに製品やサービスを販売している人であれば誰しも、この本に書かれている貴重な教えから多くの学びを得ることができると思う。

 この本は大きく3つのパートに分かれている。第一部は富裕層そのものの“生態”について。第二部では、富裕層がどのようにお金を使うのか、その使い道について。そして第三部では、いかに富裕層とビジネスや取引をするのか、その方法が語られている。

 この本は著者であるダン・ケネディが送るNo B.S.(屁理屈なし)シリーズの代表作でもある。素晴らしい情報がわかりやすく、ときにユーモアを交えながら紹介されている。もちろん、他のダン・ケネディの書籍同様、本書でもダン・ケネディ自身の商品に関する宣伝もある。ただ、たとえそれがあったとしても読むに値する一冊。むしろ、彼のやり方から学びを得ることだってできる。

 本書の中心となるテーマは「お金をほとんど持たない顧客を相手にして時間や労力を無駄にするのは馬鹿らしい」というもの。あなたも、価格にしかこだわらない顧客よりも、値段をさほど気にしない相手を選んでビジネスを展開するほうがずっと効率的だと気づくと思う。

 じゃあ、どうやってそういう相手とビジネスをするのか。顧客が経済的に豊かであればあるほど、彼らは専門知識や深い人間関係を求める。そして何より、自分自身を理解されたいという欲求をもっているし、特別扱いされ、大事にされたいとも思っている。富裕層の人々を相手に仕事をしたければ、この辺りはおさえておく必要がある。富裕層である彼らの地位を軽んじれば、すぐさま顧客を失うことになる。繰り返すが、彼らは丁重に扱われることや、特別扱いされることを求めている。また、よそでは手に入りづらいものを得たいとも思っている。

 また、中小企業経営者のほとんどが、思い込みや先入観だけで自社の製品と価格を結びつけてしまっている。製品の本質的な価値を基準に価格を決めるということをしていない。これでは富裕層相手にビジネスをするのは難しい。高い利幅や利益率で商品やサービスを販売したいと思うなら、本書を読み、製品と価格の間になる先入観や思い込みのつながりを断ち切る必要もある。

 この本はマーケティング本としてかなり良書。顧客である富裕層の立場に立ち、彼らをよく知り、彼らにとって何が価値があるのかを理解すること。おすすめの一冊。

→富裕層マーケティング仁義なき戦略のカスタマーレビュー一覧へ

富裕層マーケティング仁義なき戦略

商品詳細
2014-11-16 | Posted in 未分類No Comments » 

関連記事